一本木蛮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一本木 蛮
本名 藪中 真理[1]
生誕 1965年1月4日(49歳)
日本の旗 日本神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 ? -
代表作 『一本木蛮のキャンパス日記』
テンプレートを表示

一本木 蛮(いっぽんぎ ばん、1965年1月4日 - )は、日本女性漫画家、コスプレイヤー。神奈川県横浜市出身。既婚。血液型A型。愛称および自称は『蛮仔(バンチャイ)』。また、いくつかの著書等で自身のアトリエの名前「Green Mantis(グリーンマンティス)」に因み、『漫帝(まんてい)』と自称している事もある[2]

いわゆるコスプレアイドルの元祖的な存在であり、愛・地球博で開催された「世界コスプレサミット」の審査員も務めた。また日本のオタク文化を欧米へ紹介する活動も行なっている。

経歴[編集]

アメリカからの帰国子女である。聖心インターナショナルスクール田園調布雙葉高等学校卒業。玉川大学農学部中退。

中学生時代より一本木蛮として同人誌活動を開始。高校生時代から20代前半にかけては『うる星やつら』のラムコスプレもしていた。代表作に『一本木蛮のキャンパス日記』(『ファンロード』連載)等。

漫画家としての活動のほかにバンド、バイク、映画出演など多方面での活躍をしている。1985年に『BANG BANG BANG』というレコードを発売している。日本漫画家教会会員、日本SF作家クラブ会員。日本SF大会やローカルコンベンションにも積極的に参加している。父親が整形外科医であり、その縁で理学療法での運動療法のイラストを描いた事がある。『腰痛体操』のリーフレットに掲載され、多数の整形外科医に配布されていたほか、総合病院などでも希望すれば無料で貰える。

同じく漫画家の秋本治永井豪中山蛙中山星香の兄)、大橋薫楠桂島本和彦などとの親交が深い。

映画『けっこう仮面3』で製作の裏方をやっており、「ラメちゃん」というラムに似た姿で出演もした。

1996年、仕事仲間を通じ、フリーランスで映像編集や作曲を手がけている藪中博章と出逢い、結婚[1]

2005年8月7日、愛知県愛知郡長久手町(現・長久手市)の愛・地球博(愛知万博)・EXPOドームで行われた『世界コスプレサミット2005』に、漫画家の松本零士、アニメソング歌手の影山ヒロノブらと審査員として出演した。

2006年11月23日、早川書房より高千穂遙との共著『じてんしゃ日記』が発売。

自らの不妊治療を現在進行形で綴る手記漫画『戦え奥さん!! 不妊症ブギ』を、竹書房より発行の『本当にあったゆかいな話DX』に2009年9月号まで連載。2008年2月6日には小学館より単行本が発売された。

2011年5月24日より、双葉社Web漫画アクション堂にて『同人少女JB』の無料配信が開始された。自身に重ね合わせたキャラクターによる、コミケ・オタク・コスプレイヤー黎明期が舞台のコメディ・ロマンである。一部の世代には懐かしい要素が多いほか、歴史的な見地からも読めるものとなっている。

2012年6月3日 藪中夫妻の不妊治療に密着したドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション・君を待っている〜不妊治療の今〜」(フジテレビ系)が放送される[3]。この中で、結婚4年目から10年間にわたり続けてきた不妊治療からの「卒業」が描かれた。

2014年7月18日開始の島本和彦原作・福田雄一監督によるTVドラマ「アオイホノオ」で主立った出演者の所作指導・小道具・資料提供・関係者への協力依頼などを行う。特に小道具では準備期間が短い中で、相当量の小道具(主に原画複製物作成)などかなりの量を貢献した。[要出典]

代表作[編集]

共著[編集]

写真集など[編集]

実写アダルトビデオ出演[編集]

  • うらつき童子(主演、スーパー北都、中野貴雄監督、1 - 4巻)

テレビ[編集]

イメージアルバム[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]