一休さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一休さん(いっきゅうさん)は、室町時代臨済宗の僧一休宗純の愛称。主に、その生涯に様々な説話を残した事から江戸時代に説話『一休咄』が作られ、頓知で有名となる。

昭和の中頃まで、絵本童話の題材、紙芝居の題材として良く用いられた。特に、屏風退治などの話は有名。

代表的な説話[編集]

『一休咄』は作者不詳で、世に出たのは一休の遷化から200年余り後の江戸時代前期・元禄年間である。実在の一休が周建を名乗っていた幼少時代に時代が設定される。『一休咄』は民衆の願いを歴史上の人物に仮託した読み物で、一休の事績の他に、一休になぞらえた民間説話や登場人物を他の高僧から一休に置き換えた伝説が数多く挿入されており、史実とは言い難い。

屏風の虎退治 
足利義満が一休に出した問題の一つ。
「屏風絵の虎が夜な夜な屏風を抜け出して暴れるので退治して欲しい」と義満が訴えたところ、一休は「では捕まえますから虎を屏風絵から出して下さい」と切り返し、義満を感服させた。
このはし渡るべからず
桔梗屋が一休に出した問題の一つ。
店の前の橋を一休さんが渡ろうとすると、「このはしわたるべからず(『この橋を渡るな』の意)」と書いてある。しかし一休は、「この(はし)渡るべからず」と切り返し、橋の真ん中を堂々と渡った。
後日談で、同じ問題に加えて「真ん中も歩いては駄目」と難題を出されたが、「橋に乗らねばよいのだろう」と敷物を敷いてその上を歩いて渡ってきた。

映像作品[編集]

アニメ[編集]

1975年10月15日から1982年6月28日まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の1977年よりテレビ朝日)系列で全296話が放送された。中央児童福祉審議会推薦番組。制作は東映動画(現東映アニメーション)。一休をモデルとする『一休咄』などの頓智咄(とんちばなし)を原作としている。

このほかにも、「まんが日本昔ばなし」(1976~1994年、グループ・タック)をはじめ、ウォーカーズカンパニーが製作したOVAビデオ絵本」やピーエスジーが販売するOVA「よい子のアニメ館 日本のおとぎ話」、アミューズビデオが製作したDVD「日本のめいさくどうわ」などで「一休さん」のタイトルで扱われた。また、「まんが偉人物語」(1977~1978年)では「一休」のタイトルで扱われている。

ドラマ[編集]

レギュラー
1986年10月9日から12月11日まで、テレビ東京系で放送された。主演は柳沢慎吾
室町時代の話ではなく、一休さんが現代にいたら?という設定のコメディー。
スペシャルドラマ

いずれもフジテレビ系列で放映。

  • 『一休さん』
1985年8月12日月曜ドラマランド、主演:富田靖子
  • 『一休さんII』
1986年11月17日・月曜ドラマランド、主演:浅香唯
2004年1月8日、主演:えなりかずき
室町時代の話ではなく、一休さんが現代にやってくるというタイムトラベルもの。
2012年6月30日土曜プレミアム、主演:鈴木福
  • 『一休さん2』
2013年5月5日、主演:鈴木福。上記ドラマの続編。

CMキャラクター[編集]

頓智噺から「親しみやすい小坊主さん」という一般的イメージを得ている事から、しばしば仏壇店・墓石店など仏教に関係する業種のコマーシャルにオリジナルのアニメーションやイラストで登場する。それ以外でも頓智問答として「一休さん」が出ることもある。

仏具・石材店

長野県長野市の仏壇・石材店である「株式会社一休さんのはなおか」が「一休さん」の商標登録権を所有して、一休さんとタヌキ・ウサギが登場するアニメーションのCMシリーズが放送されている。各地の同業者でも同社と契約を結んで店名部分や一部歌詞を入れ替えた同一内容のCMを流している。

その他、一休さんのはなおかのものではないアニメーションやイラストも散見される。

他業種