ヴワディスワフ1世 (オシフィエンチム公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴワディスワフの印璽、1317年

ヴワディスワフ1世(Władysław I Oświęcimski、1275年/1280年 - 1324年5月15日)は、オシフィエンチム公(在位:1315年 - 1324年)。チェシン公ミェシュコ1世の長男。

1290年、父ミェシュコ1世がチェシン公国の単独統治者となって間もなく、ヴワディスワフ1世は父の共同統治者とされた。1315年にミェシュコ1世が死ぬと、ヴワディスワフ1世は首都チェシンを相続せず、より重要性の低いオシフィエンチムを領有した。このことは後に弟カジミェシュ1世との政治的紛争の原因となり、ヴワディスワフ1世は弟との争いを有利に進めるため、同名のポーランド国王であるヴワディスワフ1世(短躯王)の同盟者に加わることになった。ヴワディスワフ1世の死亡時期ははっきりしないが、1321年から1324年の間だったといわれる。遺体はオシフィエンチムのドミニコ会修道院に埋葬された。

子女[編集]

1304年までにプウォツク公ボレスワフ2世の娘エウフロジナ(1292年頃 - 1328年/1329年12月26日)と結婚し、2人の子供をもうけた。

  1. ヤン1世(1308年/1310年 - 1372年9月29日)
  2. アンナ(1354年9月19日没) - アラド、バーチ、セレームの郡代セーチェーニ・タマーシュと結婚
先代:
新設
オシフィエンチム公
1315年 - 1324年
次代:
ヤン1世スホラスティク