ヴラホヴィツェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
座標: 北緯49度28分51秒 東経17度08分54秒 / 北緯49.48083度 東経17.14833度 / 49.48083; 17.14833
ヴラホヴィツェ (Vrahovice)
Settlement
チェコの旗 チェコ
オロモウツ州
プロスチェヨフ郡
コミューン プロスチェヨフ
自治体 ヴラホヴィツェ
標高 215m (705ft)
座標 北緯49度28分51秒 東経17度08分54秒 / 北緯49.48083度 東経17.14833度 / 49.48083; 17.14833
面積 6.22 km² (2.4 sq mi)
人口 3,402 (2001)
人口密度 547 /km² (1,417 /sq mi)
郵便番号 798 11
ウェブサイト: http://www.vrahovice.eu/

ヴラホヴィツェチェコ語: Vrahovice)とは、チェコオロモウツ州プロスチェヨフにある村落である。人口は約3400人で、聖バルトロメウ教会英語版、郵便局、数軒のパブがある。

歴史[編集]

村が初めて登場するのは1337年の事である。1370年にはヴラホヴィツェ初の教会について言及されている。この教会は1587年の大火事の際に焼失したが、その直後に別の教会が建てられた。その教会は1831年に壊され、同年から1836年にかけて、ヤン・ヨセフの資金によって再建された。彼はクラリツェ・ナ・ハネー英語版を持っていた人物である。

ヴラホヴィツェの近くにはトルペノヴィツェ(Trpenovice、現在のトルピンキ)が位置している。1466年にヴラホヴィツェにこの村は繋がり、現在ではヴラホヴィツェの一部となっている。また、1960年から1973年にかけては、チェクフヴキ英語版もこの村の一部であった。

過去のヴラホヴィツェは多くの家に所有され、1725年にヤン・ベドリチ・セイレーンがこの村を購入している。

1848年、ヴラホヴィツェに史上初の村長、ヤン・フレーボルトが誕生した。村が最も発展した戦間期の村長はヨセフ・ストリーズであった。その時、プロスチェヨフとヴルバーツキ英語版を結ぶ道と、市庁舎が建てられた。第二次世界大戦中はチェコスロバキア併合を経て、ナチスがこの地の上流域に観測所を設け、彼らは鉄道の位置をこの地から制御していた。第二次世界大戦が終結すると、捕虜収容所がこの地にあったため、プロスチェヨフ地域はドイツ人のドイツへの送還を待機させる場所となった。1950年から1954年及び1973年以降、ヴラホヴィツェはプロスチェヨフの一部となっている。そして現在でも、両集落では音韻差が認められる。

2004年12月9日、鉄道事故がこの地で発生した。軍を乗せたトラックが列車に衝突した物で、九人が死亡している。

建築物[編集]

人物[編集]

音楽家のズデニェク・ティルシャルベドルジヒ・ティルシャルの兄弟はこの地で生まれ、言語学者のフランチシェク・コペチュニー英語版がこの地に長く住んでいた。サッカー選手のロスチスラフ・ヴァクラヴィチェク英語版もこの地で生まれ、彼のキャリアの当初はこの地の地元のチームであった。

ボランティア[編集]

ヴラホヴィツェにはソコル消防団などの組織がある。

旧ヴラホヴィツェ学会(Spolek za staré Vrahovice)は2003年に設立された[1]2005年からは活動拠点を駅に置き、郷土史の研究や環境保護、町の広報などを行っている。また、二つの展覧会を行っており、ヴラホヴィツェの葉書を発行している[2]。通りに新たな名称を与える活動も行っており、その名前は村の重要な同胞の名前をつけており、ヨセフ・ストリーズ、フランチシェク・コペチュニー、ズデニェク・ティルシャルらの名前がつけられている[3]。現在では新たな公園を作る運動を行っている[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Spolek za staré Vrahovice”. 2013年2月21日閲覧。
  2. ^ Ševčíková, Eva (April 4, 2005), “Vlastní pohlednicí se mohou už dnes pochlubit Vrahovice”, Prostějovský den: 4 
  3. ^ Zaoral, Martin (September 21, 2010), “Prostějov pokřtí deset nových ulic”, Prostějovský deník: 3 
  4. ^ Hájek, Martin (February 11, 2013), “Spolek za staré Vrahovice letos slaví deset let”, Prostějovský večerník: 15, http://www.vecernikpv.cz/spolecnost/2121-spolek-za-stare-vrahovice-letos-slavi-deset-let Februar 21, 2013閲覧。 
  • Československý sborník a almanach. Politický okres Prostějov. Olomouc 1932, pg. 79-82.
  • FAKTOR, František: Popis okresního hejtmanství prostějovského. Praha 1898, pg. 109-112.
  • Historický místopis Moravy a Slezska 1848–1960. Svazek 5. Ostrava 1976, pg. 71–72.
  • HOSÁK, Ladislav, ŠRÁMEK, Rudolf: Místní jména na Moravě a ve Slezsku II. M–Ž. Praha 1980, pg. 740–741.
  • JANOUŠEK, Vojtěch: Vlastivěda moravská. Prostějovský okres. Brno 1938, pg. 251–260.
  • ODLOŽIL, Pavel, ODLOŽILOVÁ, Milena: Vrahovice. Přírodní poměry, historie a současnost. Vrahovice 1993.
  • Prostějov. Dějiny města I. Prostějov 2000, pg. 259–266.
  • PŘÍVAL, Vojtěch a red.: Prostějovsko za války. Vzpomínky a dokumenty z let 1939-1945. Prostějov 1948, pg. 164-167.
  • SCHWOY, Franz Josef: Topographie vom Markgrafthum Mähren. Band 1: Olmützer Kreis. Wien 1793, pg.  503-504.
  • WOLNY, Gregor: Kirchliche Topographie von Mähren meist nach Urkunden und Handschriften. Abtheilung 1: Olmüzer Erzdiöcese: Band 1. Brno 1855, pg. 405-408.
  • WOLNY, Gregor: Die Markgraftschaft Mähren, topographisch, statistisch und historisch geschildert. V. Band. Olmützer Kreis. Brno 1839, pg. 536–537.

外部リンク[編集]