ヴラジーミル・ヴィソツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴラジミール・ヴィソツキー
ヴラジミール・ヴィソツキー(1979年)}
ヴラジミール・ヴィソツキー(1979年)
基本情報
出生 1938年1月25日
出身地 ソヴィエト連邦モスクワ
死没 1980年7月25日(42歳)
学歴 モスクワ芸術座演劇学校
職業 歌手詩人俳優シンガーソングライター
担当楽器 7弦ギターボーカル
活動期間 1959年–1980年
ロシア切手 ヴラジーミル・ヴィソツキー, 1999年

ヴラジミール・セミョーノヴィチ・ヴィソツキーロシア語:Владимир Семёнович Высоцкийヴラヂーミル・シミョーナヴィチュ・ヴィソーツキイ1938年1月25日 - 1980年7月25日)は、ソ連詩人俳優シンガーソングライターである。

日本語では、ウラジミール・ヴィソツキービソツキーヴィソーツキイ[1]とも表記される。

人物[編集]

経歴[編集]

1938年にモスクワで生まれた。モスクワ芸術座演劇学校卒業。俳優としてはリュビューモフタガンカ劇場に加わり、『ハムレット』の演技で名声を得た。

1960年代に、ブラート・オクジャワらと吟遊詩人バルド)運動に参加し、ソ連市民の心を”しわがれ声”でギターの弾き語りを始めた。

時代背景[編集]

余りにも激しい体制批判ゆえに、生前には1冊の詩集も1枚のレコードも出すことを禁じられていたにもかかわらず、彼はヒーローとなり、同時に良心であった。彼の歌を収録したカセットテープは何度となくコピーされ、人の手から手へと渡され、ソ連中に広まった。モスクワから遠く離れた小さな村の家の窓からさえ、彼の歌は鳴り響いていたといわれている。真実の詩と情熱と勇気とを、ギターをかかえ、しわがれた声で歌うヴィソツキーは、一人で全体主義的管理と状況に立ち向かい、モスクワオリンピックの最中に42歳の若さで逝った。葬儀の行われたタガンカ劇場の周りには、前代未聞の10万人から20万人[2]の人々が集まり、数千人のオリンピック警備陣が流用された[3]

ロシアの[ジャック・ブレル]ジョン・レノンボブ・ディランと評する人も多い。没年についても、ジョン・レノンと同じである。

ロシアの国営テレビや世論調査機関などが共催した「ロシアの英雄」を選ぶ人気投票でニコライ2世スターリンレーニンに次いで4位になっている[4]

ロシアの歌手、アレキサンドル・グラツキーロシア語版英語版が、ヴィソツキーが亡くなったのと同じ1980年にヴィソツキーを追悼する歌「ソング(亡き友を思うソング)」を発表し、ソ連国内で大ヒットした。「ソング」は1990年第41回NHK紅白歌合戦でグラツキーが歌唱し、1991年発売のグラツキーの日本国内盤『ソング』にも収録されている。

妻・マリナ・ヴラディ[編集]

ヴラジミール・ヴィソツキーの最後の妻は、ロシア系フランス人マリナ・ヴラディ(Marina Vlady,本名 Marina De Poliakoff-Baïdaroff, 1938年5月10日 - )である。マリナは、1963年にはカンヌ国際映画祭で出演した映画『女王蜂』で最優秀主演女優賞をするなどのフランス映画の重鎮的存在である。ヴィソツキーのレコーディングは、フランスで行われたものが多い。

外国での紹介[編集]

映画『ホワイトナイツ/白夜』[編集]

ミハイル・バリシニコフグレゴリー・ハインズの共演で話題となった映画『ホワイトナイツ/白夜(監督:テイラー・ハックフォード1985年・アメリカ)』でも、ヴィソツキーの歌が使用されている。

ミハイル・バリシニコフ演じる亡命ロシア人バレエダンサー「ニコライ・ロドチェンコ」の乗った飛行機が事故により、ソ連領シベリアに不時着、KGBの監視の下に軟禁状態になる。かつての恋人は、彼女が恋人ニコライ亡命後のソ連で生きる為にKGBの諜報員の下にいたが、キーロフ劇場の舞台でラジカセでヴィソツキーの歌を聴く彼女の本心を知り、脱出の助けを求める。ラジカセが大音量になり、ヴィソツキーの歌声をバックにニコライが踊るシーンは圧巻である。しかし、サウンドトラックには収録されていない。

日本で紹介された作品[編集]

日本では、オーマガトキからアルバム『大地の歌』が発売されている。他に1990から91年にかけてTV−CMに「暗闇で」が使われた。NHKでは五木寛之をホストに「モスクワは忘れない〜吟遊詩人ヴィソツキーの歌」を放映した。

日本テレビダウンタウンDX』でも「私は嫌い」という曲が紹介された。『タモリ倶楽部』のコーナーである「空耳アワー」では、1994年に「どこへ行くのも五百キロ」より「日本の顔 日本の顔」、2008年に「奴は戦場から戻らなかった」より「鳥カゴ 逃げるのさ いずこへ」、2012年に「オオカミ狩り」より「ちょっとポストは大きい」、2014年に「山彦の銃殺」より「コロッケ トマト イクラ トマト イクラ」という空耳が投稿された。

ロシアからの輸入盤は、ソ連崩壊以降、ロシアの政治・経済が安定していくにつれて東京・神田にあったロシア・レコード輸入販売店新世界レコード社が扱っていたため、次第に容易に入手できるようになっていた。しかし、2007年に同店が閉店したため、再び日本での輸入盤の入手が困難になっている。

代表作[編集]

歌曲[編集]

  • 奴らは戦場から戻らなかった
  • 狼狩り
  • 大地の歌
  • 俺はマガダンに行った
  • 07
  • いまだ日は落ちず
  • 恋歌
  • 地球の歌
  • 暗闇で(闇の彼方に)

アルバム(日本国内盤のみ)[編集]

  • いまだ日は落ちず(日本ビクター)全18曲レコード
  • 帰らぬ兵士の夢(音楽センター)全15曲オムニバスで3曲収録レコード
  • ウラジーミル・ヴィソーツキイ/大地の歌(オーマガトキ)全25曲レコード&CD

舞台[編集]

映画[編集]

  • 『垂直線』
  • 『二人の同志が戦っていた』
  • 『小さな悲劇』

評伝[編集]

日本語訳のカバー曲が含まれる作品[編集]

  • 石井好子『石井好子リサイタル』オーマガトキ
  • 新井英一『オオカミ狩り ヴィソーツキイとパリの男たち』オーマガトキ
  • 渡辺歌子『さらば光、風、バラよ 渡辺歌子コンサート1987』オーマガトキ

参考文献[編集]

  • ECG編集室『ヨーロッパ・カルチャーガイド(3)ロシア『新生ロシアのいまどき生活』トラベルジャーナル, 1997年, ISBN 4-89559-403-3
  • 藤沢貴(著)・小野理子(著)・安岡春子(著)『新版ロシア文学案内』岩波書店, 2000年, 4003500024

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SHINSEIDO SHOPPING SITE”. 2007年12月14日閲覧。 (日本語)
  2. ^ 「新版 ロシアを知る事典」内「ヴィソツキー」項 平凡社 2004年1月21日発行
  3. ^ [インサイド・レポート] モスクワ五輪閉幕 少しは聞いた?「ボイコット」読売新聞 1980年8月5日朝刊3ページ
  4. ^ 朝日新聞, 2008年7月16日

外部リンク[編集]