ヴラジミール・シュピドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュピドラ

ヴラジミール・シュピドラ(Vladimír Špidla、1951年4月22日 - )は、チェコ共和国政治家チェコ社会民主党所属)。2002年から2004年まで首相を務めた。2004年から2010年まで欧州委員会委員(雇用・社会問題担当)。

プラハ生まれ。1976年、カレル大学を卒業する。1989年のビロード革命後、チェコ社会民主党に入党する。1996年、下院議員に初当選する。1997年に社民党副党首、2001年に党首に就任する。ミロシュ・ゼマン内閣で副首相および労働・社会問題相を務めた。2002年、首相に就任し、EU加盟を果たす。2004年7月、欧州議会選挙での敗北を受けて、退陣する。その後、欧州委員会委員となり、2010年2月まで雇用・社会問題・機会均等分野を担当した。

公職
先代:
ミロシュ・ゼマン
チェコの旗 チェコ共和国首相
第4代:2002年 - 2004年
次代:
スタニスラフ・グロス