ヴャチェスラフ・ヴォロージン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ヴャチェスラフ・ヴォロージン
Вячеслав Викторович Володин
Vyacheslav Volodin 20 April 2006.jpg
ヴャチェスラフ・ヴォロージン(2006年4月20日撮影)
生年月日 1964年2月4日(50歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国サラトフ州サラトフ
出身校 ミハイル・カリーニン名称サラトフ農業機械大学
大統領府付属公務員アカデミー
前職 法律学者、下院副議長、副首相兼官房長官、統一ロシア総評議会書記
現職 ロシア大統領府第一副長官
所属政党 祖国・全ロシア→)
統一ロシア
称号 法学博士教授、友好勲章、功労勲章、祖国功労勲章

ロシアの旗 ロシア大統領府第一副長官
任期 2011年12月27日 -

任期 2010年10月21日 - 2011年12月27日

任期 2005年 - 2010年10月21日

任期 2005年 -
テンプレートを表示

ヴャチェスラフ・ヴィクトロヴィチ・ヴォロージンビャチェスラフ・ボロージンロシア語: Вячеслав Викторович Володин、ラテン文字転写の例:Vyacheslav Viktorovich Volodin1964年2月4日 - )は、ロシア法律学者政治家。ロシア大統領府第一副長官。副首相兼官房長官、統一ロシア総評議会総書記、国家会議副議長などを歴任した。

経歴・概要[編集]

サラトフ出身。1986年ミハイル・カリーニン名称サラトフ農業機械大学を卒業する。また、後にロシア連邦大統領府付属公務員アカデミーを修了している。1986年から教壇に立ち、ヴォルガ州公務員アカデミー国家建設部の監督、管理にあたり、現在は同アカデミー憲法学教授。

1990年サラトフ市議会議員。1992年サラトフ行政府副長官(副市長)。1994年サラトフ州副議長。1996年サラトフ州副知事。1996年ロシア内務省サンクトペテルブルク大学から研究論文『ロシアの連邦構成体:権限、法律、管理の諸問題』に対して博士号が授与された。

1999年ロシア下院選挙祖国・全ロシアから当選する。当選後は祖国会派の副代表を経て代表。同年12月第3期下院副議長。2003年ロシア下院選挙でバラコヴォ小選挙区から立候補し82パーセントの得票で再選される。第4期国家会議では、下院副議長、統一ロシア会派第一副代表。2005年から統一ロシア党総評議会幹部会書記。2007年ロシア下院選挙で三選。

2009年モスクワ大学公共行政学部国家建設科長に就任した。

2010年10月21日に副首相兼官房長官だったセルゲイ・ソビャーニンモスクワ市長に転出したことを受け、後任に就任。

2011年12月27日大統領府第一副長官に任命される。

2012年ロシア大統領選挙ではプーチン陣営の選挙対策本部長を務めた。

叙勲[編集]

友好勲章、功労勲章、祖国功労勲章を受章。

外部リンク[編集]