ヴャチェスラフ・メンジンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦の政治家
ヴャチェスラフ・メンジンスキー
Вячеслав Рудольфович Менжинский
Menzhinsky V 1933 last photo.jpg
ヴャチェスラフ・メンジンスキー 1933年
生年月日 1874年8月31日
ユリウス暦8月19日)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
没年月日 1934年5月10日(満59歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア共和国モスクワ州アルハンゲリスコエ
所属政党 ロシア社会民主労働党
ソビエト連邦共産党

任期 1926年7月30日 - 1934年5月10日

ソビエト連邦の旗 財務人民委員
内閣 ウラジーミル・レーニン
任期 1917年10月30日 - 1918年3月21日
テンプレートを表示

ヴャチェスラフ・ルドルフォヴィッチ・メンジンスキーВячеслав Рудольфович Менжинский, Vyacheslav Rudolfovich Menzhinskii, 1874年8月31日ユリウス暦8月19日) サンクトペテルブルク - 1934年5月10日 モスクワ州アルハンゲリスコエ)はロシア革命家ソビエト連邦政治家1926年から1934年まで秘密警察である統合国家政治局(OGPU)長官を務めた。語学の天才で16か国語に通じていた。メンジンスキーが最後に習得したのは、ウマル・ハイヤームの著作を読むために覚えたペルシア語であると言われる。

帝政時代の貴族階層であるドヴォリャンストヴォ (Dvoryanstvo) の家系に生まれる。メンジンスキーの生まれた時期には、教育者を多数輩出している。1898年サンクトペテルブルク大学法学部を卒業する。1902年ソ連共産党の前身であるロシア社会民主労働党に入党する。1905年ロシア社会民主労働党ペテルブルク委員会軍事組織のメンバーとなる。1906年に逮捕されたが、逃亡に成功し以後、ベルギースイスフランスアメリカに亡命する。亡命中は社会民主労働党の亡命組織に参加していた。1917年ロシア革命が勃発すると、同年の夏にロシアに帰国した。

1917年10月レーニン率いるボリシェヴィキによってソビエト政権が樹立されると、財政人民委員(蔵相)に任命される。1919年からチェーカー(反革命・サボタージュ及び投機取締り全ロシア非常委員会)に移り、同委員会幹部会員に選出された。1924年チェーカーの後継機関であるGPUが改組され統合国家政治局(OGPU)が成立すると同局議長代理を経て、1926年7月のフェリックス・ジェルジンスキーの死後、OGPU議長に就任した。ソ連秘密警察の長として、スターリン率いる党指導部の指示に従って、トロツキーグリゴリー・ジノヴィエフレフ・カーメネフら「合同反対派」との闘争に大きな役割を果たした。また、反革命勢力の弾圧にも辣腕を振るい、ボリス・サヴィンコフシドニー・ライリー (Sidney Reilly) をソ連国内に誘い出し逮捕・拘束することに成功した。

1930年から1931年に行われた粛清でもスターリンに忠実で党内分派の沈黙とスターリンに対する個人崇拝を推進する立場にあった。晩年は病気がちで、狭心症のため死去した。後任者となるヤーゴダが毒を盛ったとも言われている。

先代:
フェリックス・ジェルジンスキー
OGPU長官
1926年 - 1934年
次代:
ゲンリフ・ヤゴーダ