ヴクブ・カキシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴクブ・カキシュ(Vucub Caquix ヴクヴ・カキシュ)は、マヤ神話に伝わる巨人エメラルドの歯と、金と銀で出来た輝く体を持つ。その名は「七の鸚鵡」を意味し、巨大な怪鳥として描かれる事も多い。

ヴクブ・カキシュは神々が人間を創造する前に現れた存在であった。彼は自分の事を「太陽であり、光であり、月である」と称し、神々に反抗して人間達の支配者となろうとしていた。

ヴクブ・カキシュの傲慢さに怒った双子の英雄フンアフプーとイシュバランケーは、彼を倒そうとするも返り討ちにあう。辛うじて逃げ延びた双子は、ヴクブ・カキシュの強さの秘密は歯にあることを知る。

ヴクブ・カキシュは双子との戦いで負った歯痛に悩まされていた。そこへ、治療師を装った双子が現れた。ヴクブ・カキシュは双子と気づかずに治療を任せてしまい、歯を抜かれて力を失う。おまけに目玉も抉り抜かれ、ヴクブ・カキシュは衰弱死することになる。

参考文献[編集]

  • 『幻想動物事典』 新紀元社、1997年、42頁。
  • 『悪魔事典』 新紀元社、2000年、70-71頁。