ヴォーギング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォーグ
Pinkvogue.jpg
ヴォーギングを踊るパフォーマー
ジャンル ハウス
発明者 黒人同性愛者ラテン系アメリカ人
発祥年 1960年代
発祥地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コンテスト ハウス・ダンス・インターナショナル
関連 雑誌ヴォーグ
ウィリー・ニンジャ
ケヴィン・アヴィアンス
ハウス
ヴァナキュラーダンス

ヴォーグVogue)ないしヴォーギングVogueing)は1960年代に「ボール・ルーム」と呼ばれたダンス・シーンから発展した非常に様式化されたクラブダンス及びストリートダンスである[1][2]。1980年代のアメリカ合衆国の都市部のゲイ・クラブシーンで知られる様になり、1990年に同国の歌手マドンナのシングル『ヴォーグ』のミュージックビデオで披露され[3]1991年サンダンス映画祭審査員特別賞を受賞したドキュメンタリー映画パリ、夜は眠らない 』(1990年)が公開されたことなどから、大衆化した[2]。近年、アメリカのダンスバトル番組『America's Best Dance Crew』に出演するダンスグループヴォーグ・エボリューションにより再び国際的な注目を浴びている[4]

歴史[編集]

ヴォーギングはファッション雑誌『ヴォーグ』のモデルのポーズに似ていたことから、そう呼ばれる様になった。ダンスのスタイルは1930年初期の社交ダンスに起因する。当時は「パフォーマンス」[2]と呼ばれており、現在知られるスタイルよりも、やや複雑で幻影的なものだった。その後、アメリカの都市部の黒人、ラテン系同性愛者の「ボール・ルーム」ダンスシーンとクラブで踊られてスタイルを確立し更なる発展を遂げた[2]。「ボール・ルーム」とはいわゆる「社交ダンスの場」の意味であるが、ここでは、ヴォーギングの技を競い合うコンテストである。参加者はそれぞれの「ハウス」と言われたグループに属する。代表的なハウスの例はウィリー・ニンジャ率いる「ハウス・オブ・ニンジャ(House of Ninja)」、「ハウス・オブ・エキストラバヴァガンザ(House of Xtravaganza)」、「ハウス・オブ・ミズラヒ(House of Mizrahi)」、「ハウス・オブ・ラベイジャ(House of Labeija)」などがある。 尚、日本にもこれらのハウス(Ninja/Mizrahi等)に所属する者が若干名だが存在する。

スタイル[編集]

ヴォーギングは現在3つのスタイルがある。それは初期から1980年代までの「オールドウェイ」、1990年代の「ニューウェイ」、1995年頃に生まれた「ヴォーグフェム」の3つである[5][2]

オールドウェイは左右対称、動きの精度、上品で滑らかな動きが特徴である。ニューウェイはより厳正で幾何学的な動きのパターン「クリック」(手足のねじれ)、「アームズ・コントロール」(手先の早業と手首の幻想的な動き)が特徴である。パントマイムの動きに修正が加えられた形に似ているともいえる。ヴォーグフェムは女性の滑らかな動きが極端に誇張されたもので、バレエモダンダンス、ブレイクダンシングに影響を受けている。また、ジャンプ、トリック、アクロバット、フリップといった動きを含んでいる。ヴォーグフェムには「ソフト&カント」と「ドラマチック」の2種類がある。加えて、ヴォーグフェムは6つの要素からなる。それは「手」「回転」「キャットウォーク」「ダックウォーク」「ディップ」「フロアパフォーマンス」である[6]。「ディップ」は大衆化しており、時折「5000」とも言われるが、その始まりはヴォーグフェムである。

ヴォーギングの技術を競い合うときには、競争者はヴォーギングの何かしらの要素を入れなければならない。『America's Best Dance Crew』に出演するダンスグループヴォーグ・エボリューションが踊るのは、ヴォーグフェムである。

新しいスタイル[編集]

メーンストリームでの注目[編集]

  • 「ディップ」はヴォーギングから始まり、「5000」と名前を変えてBボーイから人気を得た。

日本では91年に岡村靖幸が「Live家庭教師'91」に取り入れ「どぉなっちゃってんだよ」などで 日本人ヴォーギングダンサーを引き連れ踊っており、日本人のアーティストでは一番早く取り入れたと思われる。 ちなみにマドンナの「ヴォーグ」も「どぉなっちゃてんだよ」も発売は90年である。 日本にも「ヴォーギング」を踊るダンサーが居る事を知るきっかけにもなった。

ヴォーグを取り入れたミュージックビデオの一例:

マルコム・マクラーレン 『ディープ・イン・ヴォーグ』
ジョディ・ワトリー 『フレンズ』
マドンナ 『ヴォーグ』
ジャネット・ジャクソン 『オールライト』
クリスティーナ・ミリアン 『ディップ・イット・ロウ』
ビヨンセ 『ゲット・ミー・ブディード』
トニ・ブラクストン 『メイク・マイ・ハート』
岡村靖幸 ツアー「Live家庭教師'91」
後藤真希 『SOME BOYS! TOUCH』 
Perfume 『不自然なガール』
SHINHWA『This love』

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gregory, Deborah (2008). Catwalk. ISBN 9780375848957. 
  2. ^ a b c d e Freeman, Santiago (2008年8月1日). “The Vogue trend returns”. DanceSpirit.com. http://www.dancespirit.com/articles/1844 2010年11月14日閲覧。 
  3. ^ Guilbert, Georges-Claude (2002). Madonna as postmodern myth: how one star's self-construction rewrites sex, gender, Hollywood, and the American dream. ISBN 9780786414086. 
  4. ^ Kinon, Cristina (2009年9月27日). “'America's Best Dance Crew' loses its luster with Vogue Evolution gone”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/tv/2009/09/27/2009-09-27_americas_best_dance_crew_loses_its_luster_with_vogue_evolution_gone.html 2010年11月14日閲覧。 
  5. ^ The House of Diabolique vs. Runway, Ballroom, and Voguing music”. HouseOfDiabolique.com. 2010年11月14日閲覧。
  6. ^ The Ballroom Scene: A New Black Art”. BlackYouthProject.com (2009年10月21日). 2010年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]