ヴォン・ヴィレブランド因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴォン・ヴィレブランド因子(-いんし,von Willebrand factor; vWF)とは、血中にある凝固因子のひとつ。

機能[編集]

血管が傷害され出血をきたしたときに、vWFは傷害された血管内皮の下に存在するコラーゲンに結合する。結合したvWFに対して血小板が接着し、血小板はADPなどの伝達物質を放出する。さらなる血小板を接着させることで、血小板血栓を形成する。(一次止血)
また凝固第VIII因子へ結合し、内因系凝固因子のひとつとしても機能する[1]

名称の由来[編集]

フィンランド人のen:Erik von Willebrandに由来する。von Willebrand は英語読みでは「ヴァン・ウィルブランド」、ドイツ語読みでは「フォン・ヴィレプラント」となるが、出身地フィンランド語にならい「ヴォン・ヴィレブランド」と読むのが正統であろう[2]

引用・参照[編集]

  1. ^ 松原由美子, 日本内科学会雑誌 98(7):1569-1574, 2009
  2. ^ 『内科学用語集』では「ヴォン・ヴィレブランド」が採用されている。『内科学用語集』 日本内科学会、日本内科学会、1993年3月1日、第4版、p.363。ISBN 426013633X

関連事項[編集]