ヴォルデマール・ポールセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォルデマール・ポールセン
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生誕 1869年11月23日
コペンハーゲン
死没 1942年7月23日(満72歳没)
業績
プロジェクト 磁気針金録音機
テンプレートを表示

ヴォルデマール・ポールセン: Valdemar Poulsen1869年11月23日 - 1942年7月23日)は、デンマーク技術者。1898年に磁気針金録音機を発明したことで知られる。

ポールゼンのアメリカでの磁気針金録音機の特許

1898年に自身の発明した「テレグラフォン (Telegraphone)」で、磁気記録の原理を明らかにした。磁気針金録音機もその後継である磁気テープ録音機も、磁性媒体を記録ヘッド上を通過させるという原理は同じである。録音すべき電気信号に変換し、それを録音ヘッドに供給すると、磁性媒体の磁化パターンがその信号に合わせて変化する。再生ヘッド(録音ヘッドと同じでもよい)は針金やテープの磁場の変化を検出し、それを電気信号に変換する。

ポールセンはテレグラフォンの特許を1898年に取得し、助手の Peder O. Pedersen と共に鋼鉄製の針金、テープ、ディスクなどを媒体とした磁気録音機を開発した。これらの機器には増幅回路がなかったが、記録された信号は十分強く、ヘッドフォンで聴くこともできるし、電話線で送信することもできた。1900年のパリの万国博覧会で、ポールセンは皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の声を録音する機会に恵まれ、これが現存する最古の磁気録音となっている。

ポールセンは1908年、アークコンバーターを開発し、「ポールセン・アーク送信機 (Poulsen Arc Transmitter)」と名付けた。この技術は真空管が普及する以前には無線通信でよく使われた。1969年、ポールセンの栄誉を記念してデンマークの切手の肖像に採用された。

外部リンク[編集]