ヴォルター望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォルター望遠鏡の3つの構成
チャンドラX線観測衛星のヴォルター望遠鏡の図

ヴォルター望遠鏡(ヴォルターぼうえんきょう、: Wolter telescope)はX線用に設計された、(反射面に対する角度として定義した時の入射角が)微小な角度の反射をもちいる望遠鏡である。可視領域の光に対してはレンズによる屈折や放物線形状のミラーで光を反射させることによって望遠鏡をつくることができるが、X線に対して屈折を起こさせる材質はなく、鏡面に垂直に近い入射領域ではX線は反射しないで、散乱もしくは吸収されてしまうため、どちらも使うことができない。

反射面に対する角度が極めて小さい入射の領域、たとえば10分から2度程度まででX線は反射を起こし、微小角入射ミラーと呼ばれる。1952年ドイツハンス・ヴォルターが、このような望遠鏡の3つの設計をおこなった。それぞれに長所・欠点がある。

チャンドラX線観測衛星XMM-Newtonなどでこの望遠鏡は使われている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]