ヴォイチェフ・ゲルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲルソンの肖像

ヴォイチェフ・ゲルソンポーランド語表記:Wojciech Gerson,1831年7月1日 - 1901年2月25日)は、ポーランドの画家、美術教授。

ワルシャワ生まれ。ワルシャワ美術専門学校に学び、優秀な成績で卒業して奨学金を与えられ、サンクトペテルブルクロシア帝国美術アカデミーに移ってA・T・マルコフに歴史画を学んだ。同校を2位で卒業し、銀メダルを受けて帰郷、1850年にはパリに移住しレオン・コニエに師事した。1858年にはワルシャワへ帰り、以後は同市を拠点として活動した。ゲルソンは1865年から自身の工房で絵を教え始め、その門下からはユゼフ・マリアン・ヘウモニスキレオン・ヴィチュウコフスキヴワディスワフ・ポトコヴィンスキユゼフ・パンキェヴィチらが出た。ゲルソンは1878年にサンクトペテルブルク美術専門学校の教授となっている。ゲルソンはまた建築家美術評論家でもあった。彼の作品は愛国主義的な色彩の強い歴史画、農村や山を主題とした風景画などで知られる。