ヴェーゼンドンク歌曲集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴェーゼンドンク歌曲集』(ドイツ語: Wesendonck Lieder)は、リヒャルト・ワーグナーが、楽劇トリスタンとイゾルデ』と並行して作曲した連作歌曲である。

当時のパトロンの夫人、マティルデ・ヴェーゼンドンクの詩に曲付けされている。ワーグナーとマティルデは情事を重ねており、それが結果的に『トリスタン』の濃密なロマンティシズムに寄与した、と伝えられている。マティルデの詩は、ヴィルヘルム・ミュラーシューベルトのお気に入りの詩人)に影響された、思い焦がれたような受苦的な文体にのっとっている。

次の5曲から構成されている。

  1. 天使 Der Engel
  2. とまれ Stehe still!
  3. 温室にて Im Treibhaus
  4. 悩み(心痛) Schmerzen
  5. Träume

最後に完成された2曲は、後に『トリスタン』に使われることになった楽想がいくつか登場する。「夢」は『トリスタン』第2幕の二重唱に、「温室にて」は『トリスタン』第3幕の前奏曲に含まれている。この2曲には、「トリスタンとイゾルデのための習作(Studie zu Tristan und Isolde)」という副題が付いている。

ワーグナーは当初は、女声とピアノのために本作品を作曲したが、『夢』の管弦楽伴奏版を作成し、マティルデの誕生日である1857年12月23日に、室内オーケストラによって、窓越しに聞こえるように演奏された。

曲集全体の公開初演は、1862年7月30日マインツ近郊にて、「女声のための5つの歌曲」と題されて行われた。

『夢』を除く4曲は、後に指揮者フェリックス・モットルにより管弦楽化された。1976年ハンス・ヴェルナー・ヘンツェも、全曲を室内オーケストラ伴奏用に新しく編曲したが、全曲を通じ、オリジナルより短3度低く移調されている。

外部リンク[編集]