ヴェン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティコ・ブラーエの地図にもとづいて作られた1663年のウイレム・ブラウの地図
ヴェン島の西海岸、Backafall

ヴェン島(Ven、デンマーク語スウェーデン語の古い表記ではHven)はスカンジナビア半島シェラン島の間の、エーレスンド海峡にあるスウェーデン領の島である。スコーネのLandskronaに属する。面積は7.5 km²で約400人の住民が住んでいる。1930年代が人口のピークで約1300人の人口があった。

歴史的にはデンマーク領であったが、1658年のロスキレ条約、1660年のコペンハーゲン条約でスウェーデン領となった。

ティコ・ブラーエウラニボリステルネボリの2つの天文台をたてたことで知られる。

島には3つの村、 Bäckviken、Tuna By、 Kyrkbackenがある。

LandskronaとHelsingborgとの間のフェリーがBäckvikenに就航し、夏の間はコペンハーゲンにもフェリーが就航する。夏の間は人気のある観光地である。農業の適地で小麦やぶどうを産する。

座標: 北緯55度54分29秒 東経12度41分53秒 / 北緯55.908056度 東経12.698056度 / 55.908056; 12.698056