ヴェンツェル・オイゼビウス・フォン・ロプコヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェンツェル・オイゼビウス・フォン・ロプコヴィッツ侯爵

ヴェンツェル・オイゼビウス・フォン・ロプコヴィッツ:Fürst Wenzel Eusebius von Lobkowicz, 1609年1月30日 - 1677年4月2日)は、ハプスブルク帝国ボヘミアの貴族、政治家、外交官。侯爵(フュルスト)、ザーガン公爵(1646年 - 1677年)。

ボヘミア大法官を務めたズデニェク・ヴォイチェフ・ポペル・フォン・ロプコヴィッツドイツ語版侯爵と、その妻で富裕な女子相続人のポリクセナ・フォン・ペルンシュテインドイツ語版の間の一人息子として生まれた。自身も巧妙な財政手腕でかなりの財産を蓄えた。学業を終えて1631年に皇帝軍に入隊し、やがて政治家、外交官として著名になった。1646年には神聖ローマ皇帝フェルディナント3世シュレージエン地方のザーガン公領英語版を授けられた。この公爵領はアルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインが1634年に死んだ際に皇帝が没収していたものだった。1644年、金羊毛騎士団の騎士に叙任された。

次の皇帝レオポルト1世からも寵愛され、1657年には宮廷顧問官会議の議長に就任、事実上の宰相として国政を思うままに動かした。母が熱心な親スペイン派で有名だったにもかかわらず、ロプコヴィッツはフランス宮廷と同盟関係を築き、ウィーン宮廷内の親スペイン派と敵対していた。1674年、レオポルト皇帝の2番目の妻クラウディア皇后と対立したことで失寵をこうむり、ラウドニッツ英語版の所領に蟄居させられた。

1638年11月3日にヨハナ・ミシュコヴァー・ゼ・ジルニッツ(1600年 - 1650年)と結婚したが、間に子供は無かった。1653年2月6日にプファルツ=ズルツバッハアウグストの娘アウグステ・ゾフィーと再婚し、間に5人の子女をもうけている。

  • 長男(1654年)
  • フェルディナント・アウグスト・レオポルト(1655年 - 1715年)
  • フィリップ・フェルディナント・アーダルベルト(1656年 - 1659年)
  • マリー・ヘートヴィヒ・ゾフィー(1658年 - 1660年)
  • フランツ・ヴィルヘルム・イグナティウス(1659年 - 1698年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ヴェンツェル・オイゼビウス・フォン・ロプコヴィッツに関するカテゴリがあります。