ヴェレシュ・ヤーノシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェレシュ・ヤーノシュ
Vörös János
生誕 1891年3月25日
死没 1968年7月23日
所属組織 ハンガリー軍
最終階級 大将
テンプレートを表示

ヴェレシュ・ヤーノシュVörös János, 1891年3月25日 - 1968年7月23日)は、ハンガリーの軍人。大将。第二次世界大戦時のハンガリー軍参謀総長(1944年5月10日 - 1944年10月16日)。

第一次世界大戦に従軍し、戦後、ハンガリー軍に入隊。

1940年 - 1941年、第2自動車化旅団を指揮し、ユーゴスラビア及び東部戦線での軍事行動に参加した。1941年、第1軍参謀長。1941年 - 1943年、参謀本部作戦班長となり、東部戦線のハンガリー軍の作戦計画立案に参加した。1943年、国防省補給総局長に任命。1943年11月 - 1944年4月、第2軍団長。1944年5月10日、ハンガリー軍参謀総長に任命。

ホルティ・ミクローシュが失脚し、サーラシ・フェレンツ矢十字党政権樹立後、1944年10月16日に更迭され、10月31日に反独勢力に加わった。ソ連に滞在し、ハンガリー軍兵士向けのプロパガンダに従事した。1944年 - 1945年、ダールノキ・ミクローシュ・ベーラのハンガリー臨時国民政府で国防相を務め、1944年 - 1946年、ハンガリー人民民主主義軍参謀総長を兼任した。

ハンガリーでの共産政権樹立後、解任。1948年、アメリカのためのスパイ行為で逮捕、起訴され、禁固刑を言い渡された。1956年、釈放。