ヴェレシュ・シャーンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にシャンドール・ヴェレシュと表記することもあります。
ヴェレシュ・シャーンドル

ヴェレシュ・シャーンドルVeress Sándor [ˈvereʃˈʃɑ̈ːndor], 1907年2月1日 - 1992年3月4日)は、ハンガリー出身の作曲家民族音楽学者。後年スイスに亡命したことで、当時のハンガリー社会主義政権によって演奏が禁じられ、半ば忘れられていたが、近年、教え子のハインツ・ホリガーやハンガリーのピアニスト、シフ・アンドラーシュらがヴェレシュ作品を取り上げ、バルトーク・ベーラと、リゲティ・ジェルジュクルターグ・ジェルジュらをつなぐ重要な存在として再評価されるようになった。現代的手法とハンガリーの音楽的伝統を結合させ、洗練された旋律と清澄な表現が特徴的。教育者としても知られる。

略歴[編集]

「皇紀2600年奉祝」のための交響曲[編集]

1940年、日本政府から「皇紀2600年奉祝曲」の依頼を受け、ヴェレシュは交響曲(第1番)を作曲した。この曲は12月7日、東京歌舞伎座の「奉祝楽曲発表演奏会」において、橋本國彦指揮、特別編成による「皇紀2600年奉祝交響楽団」によって初演された。このとき、ドイツからはリヒャルト・シュトラウスの『祝典音楽』(フェルマー指揮)、イタリアからはピツェッティの『交響曲イ調』(コメリ指揮)、フランスからはイベールの『祝典序曲』(山田耕筰指揮)がそれぞれ初演されている。イギリスからはブリテンの『シンフォニア・ダ・レクイエム』が寄せられたが、内容に問題ありとして演奏されなかった。

代表的作品[編集]

管弦楽作品[編集]

  • 交響曲2曲(第1番1940年、第2番『ミネアポリターナ』1953年)
  • パウル・クレーへのオマージュ』(1951年)
  • 舞踏音楽「魔法の笛」(1937年)

協奏的作品[編集]

  • ピアノ、弦楽器、打楽器のための協奏曲(1952年)
  • ヴァイオリン協奏曲(1939年)
  • クラリネット協奏曲(1982年)

室内楽作品[編集]

  • 『パッサカリア・コンチェルタンテ』(オーボエと12の管楽器のための。ハインツ・ホリガーに献呈された。1961年)
  • 弦楽四重奏曲2曲(第1番1931年、第2番1937年)
  • ピアノ三重奏曲(1963年)
  • 管楽三重奏曲(オーボエ、クラリネット、ファゴットのための。1931年)

器楽作品[編集]

  • 無伴奏ヴァイオリンソナタ(1935年)
  • 無伴奏チェロソナタ(1967年)