ヴェアデイロス平原国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 セラード保護地域:
ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園
ブラジル
ヴェアデイロス平原国立公園
ヴェアデイロス平原国立公園
英名 Cerrado Protected Areas: Chapada dos Veadeiros and Emas National Parks
仏名 Aires protégées du Cerrado : Parcs nationaux Chapada dos Veadeiros et Emas
面積 65514.726563 ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (9),(10)
登録年 2001年
IUCN分類 II
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ヴェアデイロス平原国立公園ポルトガル語:Chapada dos Veadeiros National Park)は、ブラジルゴイアス州にある国立公園である。約1億8000万年前に形成された平原であり、1961年1月11日に当時の大統領ジュセリーノ・クビチェックの署名により、国立公園に指定された。2001年には、エマス国立公園とともに、UNESCO世界遺産に「セラード保護地域」として、登録された。

地理[編集]

気候[編集]

年間の平均気温は、24度から26度であるが、最低温度は、冬季で4度から8度、夏季では40度から42度に達することもある。

高度[編集]

ヴェアデイロス平原国立公園は、高度600メートルから1650メートルの間に広がる。ブラジルにおいて、最も高度が高い平原地帯である。

地球最古の平原[編集]

ヴェアデイロス平原国立公園は、地球上で最古の岩石形成地帯の1つである。水晶が産出され、かつては、ここの水晶はイギリス日本に産業用に輸出されていた。水晶を含むために、セラードの土壌は肥沃であり、牧草地としても最適な場所となっている。国立公園内では、森林が形成され、25種類以上の固有種の果樹がある。森林公園内ではプレト川が流れており、トカンティンス川に合流する。プレト川の流域には、リオ・プレト・フォールズのように120メートルの高低差がある滝が存在している。

動物相[編集]

ヴェアデイロス平原国立公園の動物相は豊かであり、、パンパス・ディア(en)やマーシュ・ディア(en)、タテガミオオカミジャガーレアノガンモドキ、タペティ(en)、オオアルマジロ、アリクイの仲間、カピバラバクオオハシの仲間クロコンドルトキイロコンドルのような動物が居住している。

その中でも、タテガミオオカミ、カピバラ、レアのように絶滅の危機に瀕している動物も多くすんでいる。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

外部リンク[編集]

座標: 南緯14度05分 西経47度40分 / 南緯14.083度 西経47.667度 / -14.083; -47.667