ヴィーナスの誕生 (ブグロー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ヴィーナスの誕生』
フランス語: La Naissance de Vénus
作者 ウィリアム・アドルフ・ブグロー
制作年 1879年
素材 カンバス油彩
寸法 71.8 cm × 122.9 cm (28.3 in × 48.4 in)
所蔵 オルセー美術館パリ

ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、: La Naissance de Vénus)は、19世紀のフランスの画家ウィリアム・アドルフ・ブグローの最も有名な絵のひとつである。

これは、ヴィーナスの、海からの実際の誕生をではなく、完熟した女性として、海からキプロスのパフォスまで、貝殻にのって、移動することを描いている。彼女はミロのヴィーナスと同様に古代ギリシア・ローマの女性の姿と美の最も精妙な表現であると見なされている。

ブグローにとって、これは「力業」(tour de force)と見なされてる。キャンバスは、高さは9フィート10インチあまり、幅は7フィート2インチである。

構図のみならず題材もまた、ラファエロの『ガラテイアの勝利』のみならず、この先行する解釈である、サンドロ・ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』にも似ている。

沿革[編集]

『ヴィーナスの誕生』は1879年のサロンのために製作された。

これは、ローマ大賞(the Grand Prix de Rome)を受賞し、[1]そして国家によってリュクサンブール美術館(Musée du Luxembourg)のために購入された。[2]

絵は、いま、パリオルセー美術館の永久保存にある。

記述[編集]

絵の中央では、ヴィーナスがホタテガイの貝殻のなかで裸で立っているが[3]、その貝殻をヴィーナスの象徴のひとつであるイルカがひっぱっている。

クピードーおよびプシューケーをふくむ15人のプットと、いくたりかのニュンペーらとケンタウロスらが、ヴィーナスの到着を目撃するべくあつまっている。大部分の人物は彼女を見つめているし、そしてケンタウロスのうち2頭は巻き貝とトリトンのほら貝を吹奏して彼女の到着を知らせている。

ヴィーナスは、女性の美とセクシュアリティーの具現化であると見なされていて、そしてこれらの特徴は絵のなかに示されている。[3]ヴィーナスの頭部は片方に傾き、そして彼女の顔の表情は穏やかで、自分の裸に満足している。彼女は両腕を上に挙げ、[4]大腿部までの褐色の髪をととのえている。彼女は揺れて優雅にS字カーブのコントラポストをなし、自分の身体の女性らしい曲線を強調している。[5]

ヴィーナスのモデルは、リーニュ(Ligne)のプリンセスであるマリー・ジョルジーヌ(Marie Georgine、1843年 - 1898年)であった。1861年に、彼女は双子の恋人(貴族ではない)とともにパリで短期休暇中であった。彼らは、いっしょに彼の『プシューケーの誘拐』(英語:"Abduction of Psyche")と『フローラとゼピュロス』(英語:"Flora and Zephyr")のモデルをつとめた。

ブグローは、彼らを彼が撮った写真から晩年にほかのスケッチと絵を入念に仕上げた。『夜』のような、ブグローの他の作品のうちのいくつかも、彼女をモデルにしていた。

マリーもまたレオン・ボナによって描かれた。彼女はまたアントワーヌ=サミュエル・アダム=サロモン(Antoine Samuel Adam-Salomon、1802年 - 87年)によってド・ラ・ロシュフコー夫人(madame de la Rochefoucauld)として写真撮影された。

ヴィーナスの姿は(前年の)1878年に完成したブグローの『ニュンペーたち』のニュンペーから拡大された。このニュンペーはよりほっそりとしていて、そして彼女の乳房はより豊かにかつよりまるくなっている。ヴィーナスのコントラポストはより強烈であり、そして彼女の髪もまたニュンペーのよりもより長くかつより軽いが、しかし彼女がそれを整えている様子はほとんど同一人物であるようである。

絵の上左には、雲に影がある。それは、頭部、かたほうの肩、片腕、そしてどうやら絵筆を持っているらしい上に挙げられた握り拳のある画家のシルエットに見える。[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、The Birth of Venusに関するカテゴリがあります。