ヴィーガンタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィーカンタス (洗礼名アレクサンドラス; ポーランド語: Wigunt; 1392年6月28日没)は、ケルナヴェ[1]で、リトアニア大公アルギルダス(1345年1377年)とその2番目の妻ユリアナ・トヴェルスカの息子。

1385年にヴィーカンタスはクレヴォ合同に調印することで長兄のヨガイラ を支援している。1386年アレクサンドラスの洗礼名を授かり、1390年にはヴワディスワフ・オポルチクの娘ヤドヴィガと結婚している[1]ポーランド貴族は、ヴワディスワフ・オポルチクがポーランドドイツ騎士団との間で所有権を巡って争っているドブジンの地が持参金としてヴィーガンタスに下賜されることを期待していた[2]。ドブジンの代わりとしてヴィーガンタスはヨガイラからクヤヴィの地を受け取った。1388年にはドイツ騎士団に対するポーランドの武力闘争を支持し、1389年から1392年までのリトアニア内戦ではヴィータウタスと戦っているヨガイラを支持した[1]。ヴィーガンタスは人気のないリトアニア大公スキルガイラの代わりとして見做され、スキルガイラかヴィータウタスに毒殺されたのではないかとのが流れた[3]。その遺体は1390年内戦で死んだカリガイラとともにヴィリニュス大聖堂に埋葬された[4]

ヴィーガンタスを異母兄アンドリュス・アルギルダイティスと混同してはいけない(両人は15世紀ヤン・ドゥウゴシュの年代記ではヴィーガンタスと混同され、ヴィグント・アンドレイと言及されている[5])。カジミェシュ・スタンドニキは1867年に出版した『Bracia Władysława-Jagiełły Olgierdowicza』でヴィーガンタスとその兄弟フィオドラスは同一人物との説を提唱しているが、この説は否定されている[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c (リトアニア語) Gudavičius, Edvardas (2004). “Vygantas”. In Vytautas Spečiūnas. Lietuvos valdovai (XIII-XVIII a.): enciklopedinis žinynas. Vilnius: Mokslo ir enciklopedijų leidybos institutas. p. 55. ISBN 5-420-01535-8. 
  2. ^ Urban, William (2006). Samogitian Crusade. Chicago: Lithuanian Research and Studies Center. p. 206. ISBN 0-929700-56-2. 
  3. ^ Urban, William (2006). Samogitian Crusade. Chicago: Lithuanian Research and Studies Center. p. 203. ISBN 0-929700-56-2. 
  4. ^ (リトアニア語) Arkikatedra Bazilika”. The Directorate of the State Cultural Reserve of Vilnius Castles. 2008年7月2日閲覧。
  5. ^ (リトアニア語) Jonynas, Ignas (1933–1944). “Andrius”. In Vaclovas Biržiška. Lietuviškoji enciklopedija. I. Kaunas: Spaudos Fondas. pp. 575–585. 
  6. ^ (リトアニア語) Avižonis, Konstantinas (1953–1966). “Vygantas”. Lietuvių enciklopedija. XXXIV. Boston, Massachusetts: Lietuvių enciklopedijos leidykla. p. 167. LCC 55020366.