ヴィンセント・ヤーブロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィンセント・ヤーブロー
Vincent Yarbrough
名前
本名 Vincent Raymond Yarbrough
ラテン文字 Vincent Yarbrough
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1981年4月17日(33歳)
出身地 テネシー州クリーブランド
身長 201cm
体重 95kg
選手情報
ポジション スモールフォワード
ドラフト 2002年 2巡33位
経歴
2002-2003
2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2008
2008-2010
デンバー・ナゲッツ
オリンピアコスBC
シキリア・メッシーナ
BCオーステンデ
ヴィオラ・レッジオ・カラブリア
ブローゼ・バスケッツ
EnBWルードウィースブルク
テレコムバスケッツ・ボン

ヴィンセント・ヤーブローVincent Raymond Yarbrough,1981年4月17日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。テネシー州クリーブランド出身。NBAデンバー・ナゲッツやヨーロッパでプレーした。身長201cm、体重95.3kg。ポジションはスモールフォワード

経歴[編集]

テネシー州のクリーブランド高校時代にはオールアメリカンに選ばれた[1]

1997年、NCAAトーナメントのファイナル4に入った、ケンタッキー大学デューク大学ノースカロライナ大学、テネシー大学からリクルーティングを受けて、テネシー大学に進学した[1]。1999年にはNCAAトーナメントに18歳の誕生日を前に出場、最も若くして出場した選手となった[1]。2012年現在、得点、リバウンド、ブロックショット、スティール部門でテネシー大学の歴代ベスト10に入っており、スティールは歴代1位となっている[1]

2002年のNBAドラフト2巡32位でデンバー・ナゲッツから指名され入団した[2]。1年目の2002-2003シーズンはチームが主力選手を放出して再建を図っていたこともあり、59試合中39試合で先発で出場し、平均6.9得点、2.7リバウンド、2.2アシストの成績を残した[1]

しかし翌2003-04シーズンを前に、プレシーズンゲームで結果が残せず、シーズン開幕直前の10月下旬に解雇された。

その後ヨーロッパに渡り、2003年11月にギリシャA1バスケットボールリーグオリンピアコスBC英語版と契約。シーズン途中にセリエAシキリア・メッシーナ英語版に移った。2004年8月はベルギー・バスケットボール・リーグドイツ語版BCオーステンデ英語版と契約して1シーズンをすごした。2005年8月は再びセリエAヴィオラ・レッジオ・カラブリア英語版に在籍したが、翌年4月に解雇された。2006-07シーズンからはブンデスリーガブローゼ・バスケッツEnBWルードウィースブルク英語版テレコムバスケッツ・ボン英語版でプレイした[3] 。怪我のため現役を引退した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Gene Henry (2012年6月14日). “Vincent Yarbrough giving back at Cleveland camp”. timesfreepress.com. 2013年6月16日閲覧。
  2. ^ NBA Draft Board”. nba.com. 2013年6月16日閲覧。
  3. ^ Bonn brings in forward Vincent Yarbrough”. eurocupbasketball.com (2008年7月14日). 2013年6月16日閲覧。
  4. ^ Alumni Vincent Yarbrough, Brendan Plavich guide Travelers' 25th season”. govolsxtra.com (2012年4月30日). 2013年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]