ヴィンス・フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィンス・フィリップス
基本情報
本名 ヴィンセント・エドワーズ・フィリップス・シニア
通称 クール
階級 スーパーライト級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1963年7月23日(51歳)
出身地 フロリダ州ペンサコーラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 61
勝ち 48
KO勝ち 34
敗け 12
引き分け 1
テンプレートを表示

ヴィンス・フィリップスVince Phillips、男性、1963年7月23日 - )は、アメリカ合衆国出身のプロボクサー。元IBF世界スーパーライト級王者。コンスタンチン・チューをノックアウトしたことで一躍有名になり、日本ではK-1に参戦し魔裟斗と対戦。

来歴[編集]

1963年7月23日アメリカ合衆国フロリダ州ペンサコーラで生誕。アマチュアボクシングの全米選手権で2度連続優勝した後、1989年にプロデビュー。

1992年4月9日に無敗のままIBFインターコンチネンタルスーパーライト級王座を獲得し、1996年4月12日には、わずか1敗のままアイク・クォーティーの持つWBA世界ウェルター級王座に挑戦する。しかし、3RTKO負けを喫し挑戦に失敗する。

1997年5月31日コンスタンチン・チューの持つIBF世界スーパーライト級王座に挑戦。試合前は絶対不利とされていたが、10R目に左アッパーでチューを仕留め、TKO勝ちで王座を獲得する。この試合はリング誌が認定するアップセット・オブ・ザ・イヤー(番狂わせ)に選ばれた。3度防衛を果たすと、1999年2月20日テレン・ミレットに5RTKOで敗れ、4度目の防衛に失敗し王座を失う。

その後、NABFNABOといった地区王座や、マイナー団体WBUの世界王座にも挑戦するがいずれも失敗した。

2003年4月5日WBUスーパーライト級王者リッキー・ハットンと対戦し、0-3の大差判定負け。試合後のドラッグテストで陽性反応が出た。

2003年11月18日、日本の魔裟斗K-1ルールで対戦。一方的にローキックを受け続け、2R15秒でKO負けとなった。前日計量でも、契約体重70kgをオーバーしていた。

2005年6月3日、2度目のWBCアメリカ大陸ウェルター級王座挑戦に成功。2006年6月2日、へスス・ソト・カラスに9RTKO負けし同王座2度目の防衛に失敗。再び無冠になる。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング: 100戦 90勝 10敗
  • プロボクシング: 61戦 48勝 34KO 12敗 1分
  • プロキックボクシング: 1戦 1敗
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 魔裟斗 2R 0:15 KO(右ローキック) K-1 WORLD MAX 2003 〜世界王者対抗戦〜 2003年11月18日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
コンスタンチン・チュー
第13代IBF世界スーパーライト級王者

1997年5月31日 - 1999年2月20日

次王者
テレン・ミレット