ヴィンシュルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィンシュルス
Winshluss
Winshluss.jpg
2010年5月23日、パリ・モンペリエの漫画祭にて
本名 ヴァンサン・パロノー
Vincent Paronnaud
生誕 1970年
フランス ラ・ロシェル
国籍 フランスの旗 フランス
職業 漫画家
映画監督
ジャンル ブラックユーモア
代表作 『ピノキオ』
受賞 本文参照
テンプレートを表示

ヴィンシュルス(Winshluss、1970年 - )は、フランスバンド・デシネ作家である。

概要[編集]

1990年代より『ジャード』『フェライユ』などの独立系小出版社の雑誌やアンソロジーに作品を寄稿し、1999年に初の単行本『スーパー・ネグラ』を発表。『ムッシュー・フェライユ』(2001年)、『デス・クラブへようこそ』(2002年)、『パット・ブーン ハッピー・エンド』(2002年)などを経て、2009年に『ピノキオ』(2008年)でアングレーム国際漫画祭 最優秀作品賞を受賞。子供らしい造形のキャラクターと下品・俗悪な展開を組み合わせるアンダーグラウンド・コミック的な作風で、ディズニーをはじめとするアメリカの過去のコミックやアニメーションを参照することも多い[1][2]。代表作『ピノキオ』は、巻頭にカルロ・コッローディの原作小説の翻案である旨が掲げられているが、幼少時にはディズニーのアニメ版『ピノキオ』に強い衝撃を受けたという[3]。2013年には、神話を題材にした『イン・ゴッド・ウィー・トラスト』が、アングレーム国際漫画祭のオフィシャルセレクションに選ばれている。

ヴィンシュルスはまた本名のヴァンサン・パロノー名義でアニメーション制作にも関わっている。2007年にはマルジャン・サトラピの漫画『ペルセポリス』を、原作者のサトラピと共同監督でアニメーション映画化し、同年のカンヌ映画祭で批評家賞、翌年のセザール賞で最優秀新人賞と最優秀翻案賞を受けている。2011年にはサトラピの『鶏のプラム煮』をふたたび原作者と共同監督で実写映画化した。

作品[編集]

シリーズ [編集]

  • ウィズとバズ(Wizz et Buzz、2006年-2007年、2巻)

単巻[編集]

  • 人類を絶滅させる7つの方法(7 Façons d'en Finir avec l'Humanité、1999年)
  • スーパー・ネグラ(Super Negra、1999年)
  • デス・クラブへようこそ(Welcome to the Death Club、2001年)
  • ムッシュー・フェライユ(Monsieur Feraille、2001年)
  • パット・ブーン ハッピー・エンド(Pat Boon - "Happy End"、2001年)
  • スマート・モンキー(Smart Monkey、2004年)
  • ピノキオ(Pinocchio、2008年)
  • イン・ゴッド・ウィー・トラスト(In God We Trust、2013年)

映画作品[編集]

※いずれもマルジャン・サトラピとの共同監督作品。

日本での出版[編集]

  • 『ピノキオ』(原正人訳、小学館集英社プロダクション、2011年9月、ISBN 4796870970
  • 『デス・クラブへようこそ』(原正人訳、小学館集英社プロダクション、2012年9月、ISBN 4796871292

脚注[編集]

  1. ^ 原正人 「こんなに悪そうなロボット初めて見た―― フランスの気鋭・ヴィンシュルスが描く、メタメタ黒笑漫画」 2009年9月25日(2012年8月29日閲覧)
  2. ^ 原正人「今度はピノキオまで悪キャラに――アングレームを受賞したヴィンシュルスの傑作!」2009年10月9日(2012年8月29日閲覧)
  3. ^ 『ピノキオ』日本語版、190-191頁(訳者解説)

参考文献[編集]

  • ヴィンシュルス 『ピノキオ』 原正人訳、小学館集英社プロダクション、2011年9月、ISBN 4796870970