ヴィルヘルム3世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルヘルム3世(Wilhelm III, 1375年 - 1435年9月12日)は上バイエルン=ミュンヘンヨハン2世の次男。エルンストの弟。

兄のエルンストと共同統治した。1425年、同族の下バイエルン=シュトラウビングヨハン3世が死去、1429年にエルンストが遺領の一部を相続したが、ヴィルヘルム3世もその内の一部を獲得した。神聖ローマ皇帝ジギスムントの後継者と目されたが、1435年に死去。

クレーフェ公アドルフ1世の娘マルガレーテと結婚、1434年にアドルフ、1435年にヴィルヘルムが生まれたが、ヴィルヘルムは同年に夭折、アドルフも1441年に亡くなった。

先代:
ヨハン2世
上バイエルン=ミュンヘン
1397年 - 1435年
エルンストと共同統治
次代:
エルンスト