ヴィルヘルム・ロッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・ゲオルク・フリードリヒ・ロッシャー
歴史学派
生誕 1817年10月21日
死没 1894年6月4日
影響を
受けた人物
フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー
実績 国民経済学の体系を構築
テンプレートを表示

ヴィルヘルム・ゲオルク・フリードリヒ・ロッシャー (Wilhelm Georg Friedrich Roscher, 1817年10月21日 - 1894年6月4日) はドイツ経済学者ハノーファーに生まれ、ゲッティンゲン大学に学ぶ。1844年には同大学教授に就任し、1848年以降はライプツィヒ大学教授を務めた。

経済学における旧歴史学派の始祖とみなされる。法学における歴史学派の代表者、フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーカール・フリードリヒ・アイヒホルン等の影響を受けた。

主要著作[編集]

  • 『国民経済学の体系』(1854年-1894年)
    1. 「国民経済の基礎」(1854年)
    2. 「農業および関連する基本的産業の国民経済学」(1859年)
    3. 「貿易と製造業の国民経済学」 (1881年)
    4. 「財政の体系」(1886年)
    5. 「貧困状態と貧困政策の体系」(1894年)
  • 『ドイツ国民経済史』(1874年)

外部リンク[編集]