ヴィルヘルム・レディース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一緒に登山したテアボーフェン(右側の腕を吊っている人物)らと
左側最も手前の制服姿の人物がレディース

ヴィルヘルム・レディースWilhelm Rediess1900年10月10日1945年5月8日) は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の将軍。親衛隊における最終階級は親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)。

略歴[編集]

ドイツ帝国プロイセン王国最西部のハインスベルクde:Heinsberg)出身。父は法廷の従業員をしていた。学校を出た後、電気技師となる。1918年6月にドイツ帝国陸軍に入隊。歩兵として第一次世界大戦の最終局面に従軍した。1918年11月に除隊。戦後も電気技師をしたが、1929年に経済危機で職を失った。1925年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の突撃隊(SA)に入隊。さらに同年12月にナチス党にも入党が認められた。1927年にデュッセルドルフのSA部隊の指揮を任されたが、1930年には部隊員とともに親衛隊(SS)へ移籍した。素早い昇進をして1935年4月20日には親衛隊中将(SS-Gruppenführer)に昇進している。

第二次世界大戦開戦直後、彼はプロイセンにおける人種法の執行を任され、東プロイセンのユダヤ人強制収容所などへの送還に関与していた。その際に1,558人の精神病と診られたユダヤ人の処理を命じられ、彼はガストラックで殺害を実行し、70日ほどで達成した。

この「功績」で占領したノルウェー親衛隊及び警察高級指導者に任じられ、以降ドイツの敗戦までこの地位を保持した。金髪碧眼の北欧人種が多いノルウェーではレーベンスボルン計画を執行された。ドイツ人とノルウェー人の結婚が奨励され、ノルウェーにおいては8,000人の子供がこの計画の下に生まれることとなった。ドイツの降伏を聞いた後、1945年5月8日にノルウェーで自決した。ノルウェー占領地弁務官(Reichskommissar)のヨーゼフ・テアボーフェンde:Josef Terboven)はレディースの遺体をブンカーに運び込むとともに、自らもその中に入ってダイナマイトを爆発させ、運命を共にした。

参考文献[編集]