ヴィルヘルム・フェルスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・フェルスター

ヴィルヘルム・フェルスター(Wilhelm Julius Foerster, 1832年12月16日 - 1921年1月18日)は、ドイツ天文学者平和主義者倫理学者のフリードリヒ・ヴィルヘルム・フェルスターを息子に持つ。

シレジアに生まれ、ヨハン・フランツ・エンケの助手として働いた。教授資格を取得して、1863年ベルリン大学准教授に就任した。1865年にエンケが亡くなると1903年までベルリン天文台の長を務めた。

彼は1860年にオスカー・レサーとともに小惑星エラトを発見したが、これは、2人以上の観測者によって発見された最初の小惑星であった。6771番の小惑星フェルスターは、彼にちなんで名づけられた。

彼はアルベルト・アインシュタインらとともにドイツ倫理文化学会やドイツ平和学会に参加し、第一次世界大戦前のナショナリズムの高まりに危機感を示した。またドイツの93人の文化人が戦争を支持するAufruf an die Kulturweltという文書に署名した時には、アインシュタイン、哲学者のオットー・ビューク、生理学者のゲオルク・ニコライとともに、戦争に反対するAufruf an die Europäerという文書に4人で署名した。

ヴィルヘルム・フェルスターが発見した小惑星
62 エラト 1860年9月14日