ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセン (1751-1820)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセン (Johann Friedrich August Tischbein 画)

ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセン(Wilhelmine von Preußen, 1751年8月7日 - 1820年6月9日)は、プロイセン王国の王族。プロイセン王子アウグスト・ヴィルヘルムの長女で、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の妹であり、オラニエ公ウィレム5世の妃となった。全名はドイツ語フリーデリケ・ゾフィー・ヴィルヘルミーネFriederike Sophie Wilhelmine)、オランダ語フレデリカ・ソフィア・ウィルヘルミナFrederica Sophia Wilhelmina)。

ヴィルヘルミーネは1751年8月7日、アウグスト・ヴィルヘルムとその妃であったブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フェルディナント・アルブレヒト2世の娘ルイーゼ・アマーリエの間に第3子としてベルリンで生まれた。

1767年10月4日、ヴィルヘルミーネは最後のオランダ総督で又従兄に当たるオラニエ公ウィレム5世とベルリンにて結婚した。

フランス革命戦争の波及を受けてネーデルラント連邦共和国が崩壊すると、ヴィルヘルミーネは夫とともにイギリスへ逃れた。その後2人はナッサウブラウンシュヴァイクに住み、夫のウィレム5世は1806年4月9日にブラウンシュヴァイクで没した。

ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセン

1813年ネーデルラント連合王国が成立し、息子ウィレム1世が王位に即いた。これを受けてヴィルヘルミーネは翌1814年オランダに戻った。なお、ウィレム1世の王妃ウィルヘルミナ(ヴィルヘルミーネ)はフリードリヒ・ヴィルヘルム2世の娘で、彼女の姪にあたる。

ヴィルヘルミーネは1820年6月9日にアペルドールンヘット・ロー宮殿で死去し、デルフト新教会に葬られた。なお、アムステルダム国立美術館には、Tethart Philipp Christian Haagによる彼女の肖像画が展示されている。

子女[編集]

夫であるウィレム5世との間にもうけた子供は以下の通り。