ヴィルナーヴ=ドルノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Villenave d'Ornon
Blason ville fr Villenave-d'Ornon (Gironde).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アキテーヌ地域圏
(département) ジロンド県
(arrondissement) ボルドー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 33550
郵便番号 33140
市長任期 パトリック・プジョル[1]
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) ボルドー都市共同体
人口動態
人口 28,469人
2009年[2]
人口密度 1339人/km²
住民の呼称 Villenavais
地理
座標 北緯44度46分50秒 西経0度33分57秒 / 北緯44.7805555556度 西経0.565833333333度 / 44.7805555556; -0.565833333333座標: 北緯44度46分50秒 西経0度33分57秒 / 北緯44.7805555556度 西経0.565833333333度 / 44.7805555556; -0.565833333333
標高 平均:m
最低:3m
最高:41m
面積 21.26km² (2 126ha)
Villenave d'Ornonの位置
Villenave d'Ornon
公式サイト www.villenavedornon.fr
テンプレートを表示

ヴィルナーヴ=ドルノンVillenave-d'Ornonガスコーニュ語:Vilanava-d'Ornon[3])は、フランスアキテーヌ地域圏ジロンド県コミューン

地理[編集]

ガロンヌ川沿い、ボルドー南部にある都市である。西はグラディニャン、北西はタランス、北はベグル、南はカドジャック、南西はレオニャン、東はガロンヌ川である。

歴史[編集]

巨石記念物の存在から、約5000年前から人が定住していたとみられる。

11世紀頃教会ができ、その周りにサン=マルタン教区ができていった。かつてはオルノン伯爵の領土であった。ヴィルナーヴ=ドルノンはこの時代からある名称で、ヴィルナーヴとはガスコーニュ語であり、フランス語のヴィルヌーヴ(villeneuve、新しい都市)と意味が同じである。オルノン伯爵はオルノンの地に砦を築いた。それはグラディニャンの教区内に今も廃墟がわずかに残っている。

1274年、エドワード1世はギヨーム・ベルナールを騎士とし、ボルドーの南にある武器の管理を委任した。オルノン伯爵領はタランス、グラディニャン、レオニャン、カネジャン、セスタ、ヴィルナーヴ、ベグルとマルティリャックの一部を含んでいた。ベルナールの家系は土地を所有しオダンジュとブライの領主でもあり、大きな影響を及ぼした。最後のオルノン領主はイングランド王に降伏して城と土地を明け渡さなければならなかった。ヘンリー4世がジョン・ボーフォートにオルノン伯領を授けて以降、バース司教やヨーク大司教に転売された。百年戦争中の1405年には、フランス王の腹心アルマニャック伯によってオルノンは荒れ果てた。

19世紀半ば、オルノンの各地区は大きくなっていた。ボルドーとの区間をバスが走り、1848年にはボルドーからランゴンへ向かう鉄道路線が敷かれた。1902年にはバスにかわってトラム路線が誕生した。1911年にコミューンに電気がひかれた。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ {{{1}}} (PDF) Liste des maires de Gironde de la Préfecture, consulté le 2 février 2010.
  2. ^ Populations légales de ヴィルナーヴ=ドルノン sur le site de l'INSEE.
  3. ^ ヴィルナーヴ=ドルノン sur Gasconha.com, consulté le 2 février 2010.