ヴィルデ・フラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルデ・フラング (Vilde Frang、1986年8月19日 - ) は、ノルウェーヴァイオリニスト

来歴[編集]

ノルウェーの首都オスロ生まれ。はじめはオスロのバラット=デューエ音楽院で学び、その後ハンブルク音楽演劇大学コーリャ・ブラッハーに、クロンベルク・アカデミーでアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを師事。

10歳でノルウェー放送交響楽団と共演しデビュー。12歳の時にマリス・ヤンソンス指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団と共演し国際的な注目を集めるようになる。以後、フィルハーモニア管弦楽団バイエルン放送交響楽団hr交響楽団チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団等と共演。2012年夏にはルツェルン音楽祭においてベルナルド・ハイティンク指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演する予定。

2011年3月に初来日しアレクサンダー・リープライヒ指揮のNHK交響楽団シベリウスヴァイオリン協奏曲を共演し日本デビュー。2012年5月にはサンットゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮の東京交響楽団ニールセンヴァイオリン協奏曲を共演したほか、リサイタルも行った。

ディスコグラフィ[編集]

外部リンク[編集]