ヴィルソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルソル
logo
種類 AG
市場情報 FWBDE000A0LD225
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
ワグホーゼル
設立 2003
業種 再生可能エネルギー, 太陽光発電、風力パワー
代表者
  • Markus Wirth
  • Mark Hogan
  • Nikolaus Krane
  • Bernd Kästner
売上高 317 Million Euro (2011)
従業員数 270
テンプレートを表示

ヴィルソル (Wirsol Solar AG) は、国際的エネルギープロバーダーとして、各種規模の太陽光発電所の計画、融資、建設及びメインテナンスに特化している。 同社はドイツに本社を置き、またブラジル、スペイン、イタリア、イギリス、ベルギー、スイス、カナダ、アメリカ、中国、マレーシア、モルジブで支社と事務所を設立している。

同社はソーラーエネルギーに関する全ての技術的及び商業的なサービスを計画段階から据え付け、メインテナンス、そして融資に至るまでカバー。また同社の強みは住宅、工業用、ソーラーエネルギー投資に向けの太陽光発電所、関連商品及びコンプリートシステムの取引、運営&メンテナンス、ハイブリッドシステム、ディーゼル代用システムなど。

会社の歴史[編集]

ヴィルソルはMarkus Wirth, Hans Wirth 及び Stefan Rielによって、2003年2月にワグホーゼル (ドイツのカルルスルーエ地域)で設立、太陽光発電に特化。同社は2007年に事務所近くのBruhrain にソーラー・テスト・パークを作った。12ヘクタールの総面積は当時バーデン・ヴュルテンベルク州における最大ソーラー・パークと位置づけられた。 2010年の、役員は当社創始者のMarkus Wirth とStefan Rielから、その後Bernd Kästner、最高財務責任者(CFO)及び、Nikolaus Krane(元Conergy理事会メンバー)、国際金融商品、メガソーラープ・ロジェクト及び国際マーケティングとコミュニケーション担当の二人が加わった。

2010年4月に、同社はF1レースで有名なドイツ、ホッケンハイムリンク 848.88 kWp の太陽光発電システムをインストール。405メートルのレース・トラックに沿って、4716枚の太陽電池モジュールが設置されている。

2011年に、当社は3億1千7百万ユーロの売上高に遂げた。そして、ウィソールはベルリン近くのMixdorfでその年最大のプロジェクトを完成した。この24.1MWpのシステムは81ヘクタールのロシア軍用燃料貯蔵所を再利用。同様に、2012年にはブランデンブルクで昔のAltenoと言う軍事空港を利用して、21MWpのLuckauソーラー・パークをグリッドに接続。

国際プロジェクト[編集]

ヴィルソルは世界中6200か所以上の太陽光システム(総出力は約440MWp)をインストール、これら操業中のシステムは毎年180,000トンCO2を減少。さらに、アジアとのビジネス関係を更に強化するため、ヴィルソル共同創始者のStefan Rielはドイツソーラー・セクターの最高責任者として中国、北京に移駐し、ヴィルソルソーラー技術(北京)有限会社を設立。

ヴィルソルは様々なプロジェクトの提供者として世界中で活躍。また同社は REM(再生可能・エネルギー・モルジブ)と共同して“ヴィルソルREモルジブ”と言う合弁会社を設立し、モルジブの6島で発電所を建設し、電気は病院と学校に供給されている。さらに、ヴィルソルはスペイン(Bovera, Barcelona)、イタリア(Mola di Bari)、ベルギー(Wilrijk)、コロラド(Fort Collins)に事務所を置き活躍中。


スポンサーシップ[編集]

2011-2012ブンデスリーガサッカーシーズン以来、 ヴィルソルは、TSG 1899ホッフェンハイムの正式なスポンサーとなっている。ジンスハイムで、ヴィルソルはWirsolラインネッカーアレーナにその名称を与えた。ホッフェンハイムはここがホームとなっている。

外部リンク[編集]