ヴィルジニア・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルジニア・デ・メディチ

ヴィルジニア・デ・メディチ(Virginia de' Medici, 1568年5月29日 - 1615年1月15日)は、モデナ及びレッジョ公チェーザレ・デステの妃。

トスカーナ大公コジモ1世と、愛妾カミッラ・マルテッリの娘として生まれた。1586年2月6日にチェーザレと結婚。10子を生んだ。

  • ジューリア(1588年 - 1645年)
  • アルフォンソ3世・デステ(1591年 - 1644年)
  • ルイージ(1593/94年 - 1664年) モンテッキオ及びスカンディアーノ僭主
  • ラウラ(1594年 - 1630年)
  • カテリーナ(1595年 - 1618年)
  • イッポーリト(1599年 - 1647年)
  • ニッコロ(1601年 - 1640年)
  • ボルソ(1605年 - 1657年)
  • フォレスト(1606年 - 1639/40年)
  • アンジェラ(? - 1651年) 尼僧

ヴィルジニアは晩年は精神病に苦しみ、1615年に亡くなったのち、モデナのサン・ヴィンチェンツォ教会に葬られた。