ヴィルゴット・オドネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルゴット・テオフィル・オドネル(Willgodt Theophil Odhner、キリル:Вильгодт Теофил Однер1845年8月10日 - 1905年9月15日)は、スウェーデンの技術者で発明家である。彼はオドネル歯車式計算機を開発した。

概要[編集]

オドネルはスウェーデンのヴェルムランド、ダルビー(Dalby)で生まれた。1864年から1867年にかけて彼はストックホルムスウェーデン王立工科大学で学んだが卒業はしなかった。1868年にはロシアサンクトペテルブルクに移住し、1905年に死去するまでその地に留まった。

オドネルは1875年に自身の名を冠した初めての歯車式計算機を開発し、1878年から1879年に数カ国でその特許を取得した。改良を施された歯車式計算機の量産は1890年に開始された。オドネルの死語、彼の息子のアレクサンデル(Alexander)、イェオリ(Georg)と義理の息子のカール・ジーヴェルト(Karl Siewert)は、1918年に工場を閉鎖せざるをえなくなるまでに約23,000台の計算機を生産し続けた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]