ヴィラ・レアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィラ・レアル
Corgo VR PT.jpg
Vila Real estandarte.gif Vila Real brasão.gif
LocalVilaReal.svg
所属する県 ヴィラ・レアル県
面積 378.8 km²
人口 50,131人
人口密度 132人/km²
所属する教区数 30
自治体首長 {{{presidente}}}
住民呼称 {{{gentílico}}}
都市の休日 6月13日

ヴィラ・レアルVila Real)は、ポルトガルヴィラ・レアル県の都市。30の教区を持つ基礎自治体でもある。コルゴ川とカブリル川の合流地点を見下ろす高台の上にある。

気候[編集]

ヴィラ・レアルはマラン山地とアルヴァン山地に囲まれているため、気候は両極端である。冬は長く寒く、気温が0℃以下になることがある。冬に少なくとも一度は降雪が見られる。夏は非常に暑い。このような気候のため『冬が9ヶ月あり、地獄が3ヶ月ある。』とも言われている。

歴史[編集]

旧石器時代より人の定住があった。ローマ時代には定住地に礼拝堂があったことがわかっているが、ローマ衰退後の蛮族の侵入、ムーア人の半島征服で人口は激減した。

1096年、ポルトゥカーレ伯エンリケは、この地域への再移住を促進するためコンスタンティン・デ・パノイアスに憲章を授けた。アフォンソ3世が新たな憲章を授けた際にはヴィラ・レアル・デ・パノイアス(Vila Real de Panóias)が建設されていたとみなされているが、正式な発祥はディニス1世が憲章を授けた1289年となっている。

ヴィラ・レアルはポルトブラガンサ間、シャーヴェス=ヴィゼウ間の交通路上の好適地であった。19世紀には町の地位を獲得し、20世紀には県都となった。1922年には司教座が開設され、1925年には都市に昇格した。1986年、トラス=オス=モンテス・エ・アルト・ドウロ大学が開校した。

姉妹都市[編集]

出身の著名人[編集]

外部リンク[編集]