ヴィニャーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィニャーレ(Vignale)は、イタリアコーチビルダーである。カロッツェリア アルフレード・ヴィニャーレ(Carrozzeria Alfredo Vignale)1948年トリノのチリアーノ通り(Via Cigliano)[1]グルリアスコ生まれのアルフレード・ヴィニャーレ(Alfredo Vignale)により設立された。

概要[編集]

フィアット・500 トッポリーノ(Fiat 500 Topolino)に架装された最初のボディは1948年に、続いて特製のフィアット・1100(Fiat 1100)が造られた。ヴィニャーレの顧客のほとんどはチシタリア(Cisitalia)、アルファ・ロメオフェラーリフィアットマセラティランチアといったイタリアの企業であった。1968年にヴィニャーレはタトラ・613(T613)のボディをデザインした。ヴィニャーレがデザインし製造する車はこれらの自動車製造会社の主な量産車からの派生車種で、通常は少数生産であった。

ヴィニャーレはジョバンニ・ミケロッティとは密接な協力関係を保っていた。1969年にヴィニャーレはデ・トマソ社(フォード社が所有)に買収され[1]1974年に消滅した。

アストンマーチンはラゴンダ(Lagonda)・ヴィニャーレというコンセプトカーを製造し、1993年ジュネーヴ・モーターショーで披露した。当時はフォード社がアストンマーチンとカロッツェリア・ギアの双方を所有しており、これがこの車名の復活となった。フォード社はヴィニャーレの名称を2004年のパリ・モーターショーで披露したフォード・フォーカス ヴィニャーレというコンセプトカーで再度使用した[2]が、量産車はフォード・フォーカス クーペ=カブリオレ(Ford Focus Coupé-Cabriolet)という車名になった。

代表作[編集]

ヴィニャーレには自社でデザインして製作した車と他社(者)がデザインした車のボディ製造のみを担当した車がある。

代表作
車名 年度 デザイナー 備考
フィアット・8V デーモンルージュ 1952年
フェラーリ・340スパイダー ヴィニャーレ 1953年
フェラーリ・500モンディアル ヴィニャーレ 1953年
マセラティ・3500GT スパイダー ヴィニャーレ 1959年 ジョバンニ・ミケロッティ
マセラティ・3500GT セブリング 1965年
フィアット・1300/1500 クーペ 1962年
ダイハツ・コンパーノ バン 1962年
ダイハツ・スポーツ 1963年 クーペとコンバーチブル
マセラティ・メキシコ 1965年 ジョバンニ・ミケロッティ
ジェンセン・インターセプター 1966年 カロッツェリア・トゥーリング
フィアット・124 クーペ・エヴェリネ 1966年
フィアット・500 スパイダー・ガミーネ 1967年
フィアット・125 クーペ・サマンサ 1967年
タトラ・613 1968年
マセラティ・インディ 1968年 ジョバンニ・ミケロッティ

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ABOUT CARROZZERIA Vignale”. geocities.com. 2007年11月12日閲覧。
  2. ^ 2004 Ford Focus Vignale”. conceptcarz.com. 2007年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]