ヴィトロル (ブーシュ=デュ=ローヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vitrolles
Blason de la ville de Vitrolles (13).svg
Vistavitrolles.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏Flag of Provence-Alpes-Cote dAzur.svg
(département) ブーシュ=デュ=ローヌ県Blason département fr Bouches-du-Rhône.svg
(arrondissement) イストル郡
小郡 (canton) ヴィトロル小郡
INSEEコード 13117
郵便番号 13127
市長任期 ロイク・ガション
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Pays d'Aix
人口動態
人口 36,610人
2008年
人口密度 1001人/km²
住民の呼称 Vitrollais
地理
座標 北緯43度27分36秒 東経5度14分55秒 / 北緯43.46度 東経5.24861111111度 / 43.46; 5.24861111111座標: 北緯43度27分36秒 東経5度14分55秒 / 北緯43.46度 東経5.24861111111度 / 43.46; 5.24861111111
標高 平均:m
最低:0 m
最高:255 m
面積 36.58km² (3 658ha)
Vitrollesの位置
Vitrolles
公式サイト http://www.vitrolles13.fr/
テンプレートを表示

ヴィトロルフランス語:Vitrollesオック語プロヴァンサル方言:Vitròla)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ブーシュ=デュ=ローヌ県の都市。

地理[編集]

ベール湖の東岸に位置する。マルセイユ・プロヴァンス空港エクス=アン=プロヴァンスTGV駅が近い。ヴィトロルは、サロン=ド=プロヴァンスエクス=アン=プロヴァンスマルセイユの三都市をつないだ三角形内の中間地点にあたる。空港と高速の間の塩水の湿地は、面積が小さいにもかかわらず年間を通じて多様な鳥類が集まる。

歴史[編集]

ヴィトロルが歴史上最も古く記されたのは、994年のサン=ヴィクトル・ド・マルセイユ修道院の特許状台帳において、castrum quod vocatur Vitrollaの名であった。

ヴィトロルが建設されたのはローマ帝国崩壊後の5世紀である。ヴィトロル一帯の住民は、ゴート族、フランク族、サラセン人など野蛮人の侵略から自らの身を守る方法を探していた。彼らはアルボワ山地の高台を見渡せる、ピンク色の花崗岩(プロヴァンサル方言でlou Roucas)の影に隠れた。

村の周囲を2つの門のある城壁が取り巻いていた。南のノートルダム門、西のポルタル門であった。

中世のヴィトロルは、プロヴァンス伯の称号を得た様々な家系に継承された。3000ギルダーで売られていたヴィトロルはナポリ女王ジョヴァンナ1世に没収された。

中世に、花崗岩の上にノートルダム・ド・ヴィ教会、サラセンの塔が建設された。のちプロヴァンス伯領に返還され、1461年にプロヴァンス伯領全体はフランスルイ11世によりフランスに併合された。フランス革命までの村の名はヴィトロル=レ=マルティーグ(Vitrolles-lez-Martigues)であった。1802年、正式にヴィトロルの名となった。19世紀の間近代化が進められ、平均して人口1000人ほどであった。

1950年代まで人口は減少傾向であったが、マルセイユの海港拡張でベール湖周辺に工場が集まるようになり、回復に転じた。フォス=シュル=メールの港が発展すると、ブーシュ=デュ=ローヌ県西部の前例のない成長が始まった。国はベール湖周辺にニュータウン建設の構想を練り、フォス=シュル=メールやイストルミラマ、ヴィトロルで建設が始められた。公営住宅が次々と完成すると、人口は劇的に増加した。工業地帯の完成と、フランス領アルジェリアからの帰還者によりニュータウンが占められた。

1997年から2002年まで、極右政党国民戦線所属のカトリーヌ・メグレ(ブルーノ・メグレの妻)が市長を務めた。

姉妹都市[編集]