ヴィトルド・マリシェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィトルド・マリシェフスキ
Витольд Осипович Малишевский
基本情報
出生名 ヴィトルド・マリシェフスキ
Витольд Осипович Малишевский
出生 1873年7月20日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国モヒリーウ・ポジーリシキー
死没 1939年7月18日
ポーランドポーランド第二共和国ザレシエ
職業 作曲家

ヴィトルド・マリシェフスキWitold Maliszewski, 1873年7月20日 ロシア帝国(現ベラルーシモヒリーウ・ポジーリシキー1939年7月18日 Zlesie)はロシア帝国で活躍したポーランド人作曲家教育者。ヴィトリド・オシポヴィチ(またはヨシフォヴィチ)・マリシェフスキー(ロシア語: Витольд Осипович Малишевский, Витольд Иосифович Малишевский)のロシア名でも知られる。

ペテルブルク音楽院にてニコライ・リムスキー=コルサコフに師事[1]。卒業後は、ミトロファン・ベリャーエフ音楽サークルの同人となった。1913年オデッサ音楽院を創設して初代院長を務め、門下よりダヴィッド・オイストラフエミール・ギレリスヤコフ・ザークらを輩出する。

ロシア革命成立後は、ボリシェヴィキの執拗な迫害を逃れて1921年ポーランドに出国した。1925年から1927年までショパン音楽学校で教鞭を執り、ワルシャワ音楽協会の総裁も務めた。1927年には第1回ショパン国際コンクールの委員長を、1931年から1934年までポーランド教育省の音楽局長を担当した。1931年から没年までワルシャワ音楽院の教授に迎えられ、ヴィトルド・ルトスワフスキミコラ・ヴィリンスキー、フェリクス・ウヮブィンスキ、フェリクス・ルィビツキらを育成した。

1939年、祖国ポーランドの滅亡を目前にしてワルシャワ郊外で没した。65歳。ほどなくしてワルシャワはナチス・ドイツに占領され、音楽院は閉鎖された。

参考書籍[編集]

  • Wrocki E., W. Maliszewski, Warszawa, 1932.
  • Valentina Nazarenko, Ukrainian Page of Maestro Maliszewski, "Day", №1, Tuesday, 19 2010 [1]

註記[編集]

  1. ^ アレクサンドル・グラズノフの門弟とする説もある

外部リンク[編集]