ヴィティム川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィティム川
ヴィティム川流域
ヴィティム川流域
水系 レナ川
延長 1,978 km
水源の標高 2,573 m
平均流量 -- /s
流域面積 227,000 km²
水源 バイカル山脈
河口・合流先 レナ川
流域 ロシアの旗 ロシア
テンプレートを表示

ヴィティム川(ビチム川、ビティム川、Vitim、ロシア語: Витим)は、ロシア連邦シベリア東部のブリヤート共和国チタ州イルクーツク州を流れるである。レナ川の右支流で、南から合流する。

バイカル湖の東100kmにあるイカット山地東斜面の、標高2,573mの水源から発する。ヴィティム高原を蛇行し、ヤブロノヴイ山脈(ヤブロノイ山脈)に沿って北西に流れた後、スタノヴォイ高地を貫きボダイボの町を流れ、サハ共和国レンスクの西でレナ川に合流する。合流点付近ではレナ川に向かい分流し内陸三角州を形成している。ボダイボまでは船舶の航行が可能である。

昆虫などの化石の出土地として有名なバイサ(w:Baissa)は、ヴィティム川の左岸にある。2002年9月25日夜にボダイボ付近で起こった大きな天体爆発で知られる「ヴィティム事件」の現場でもある。現地から隕石らしきものはほとんど発見できなかったが、流星彗星が衝突したとみられている。