ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯41度53分43秒 東経12度30分17秒 / 北緯41.895161度 東経12.504760度 / 41.895161; 12.504760 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世広場 (Piazza Vittorio Emanuele II) は、ローマエスクイリーノ (ローマ)英語版区にある広場でヴィットーリオ広場 (Piazza Vittorio) の名前でも知られている。

広場は柱廊(ポルティコ)のある19世紀の建物に囲まれていて、建築家ガエターノ・コック英語版によりリソルジメント(イタリア統一)の少し後に作られた。ウンベルティーノ様式イタリア語版の広場で広さは316m×174mあり、同様式の広場では欧州で最も広いとされる。

ヴィットーリオ広場の庭園[編集]

広場の中心には公園となっており、第4代皇帝クラウディウスが造った新アニオ水道の分水施設であるニンファエウム・アレクサンドリ(カステル・アクアエ)の遺跡[1]と、錬金術師マッシミリアーノ2世・パロンバーライタリア語版の住居ヴィッラ・パロンバーラの入り口とされる魔法の門と呼ばれる門が有る。

アクセス[編集]

Logo Metropolitane Italia.svg 最寄り駅は、「ヴィットーリオ・エマヌエーレ駅」。

参考文献[編集]

  1. ^ Roman aqueducts : Aqua Anio Novus, 別の説として、第26代ローマ皇帝アレクサンデル・セウェルスが造ったアレクサンドリナ水道の流末施設(ニンファエウム)であったという説もある