ヴィットリオ・グイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィットリオ・グイVittorio Gui, 1885年9月14日 - 1975年10月17日)は、イタリア指揮者[1]

ローマ生まれ。ローマ大学で文学を学んだ後、1906年聖チェチーリア音楽院で作曲のディプロマを取得し、その翌年にローマのアドリアーノ劇場ポンキエッリの《ジョコンダ》を演奏してデビューを飾りった。1912年ナポリサン・カルロ劇場の首席指揮者になり、イタリア各地の歌劇場に客演していた。1928年に創設されたばかりのフィレンツェ市立管弦楽団(現フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団)の音楽監督を任された。1933年には、このオーケストラのコンサートをフィレンツェ五月音楽祭へと発展させた。戦後、フィレンツェを本拠地として活発な活動を展開していたが、1952年から1964年までグラインドボーン音楽祭の音楽監督と芸術顧問に就任した。死ぬ直前まで指揮活動が衰えることはなかった[2]が、フィレンツェで死去した。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]