ヴィシュニヤ型情報収集艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビシニア級情報収集艦
Средние разведывательные корабли проектов 864 и 864Б
US Navy 050320-N-0120R-007 Kurily 2005.jpg
上空から見た「クリールィ」(2005年)。
運用者
Naval Ensign of the Soviet Union.svg ソ連海軍
Naval Ensign of Russia.svg ロシア海軍
要目
艦種 中型偵察艦2等艦
排水量 基準排水量 2980 t
満載排水量 3396 t
全長 94.4 m
全幅 14.6 m
喫水 4.5 m
機関 12AV 25/30型ディーゼル2 基 4400 馬力
短距離航海用補助発動機2 基 300 馬力
推進 2推進
速力 最大速度 16.5 kn
巡航速度 12.5 kn
航続距離 7900 /12.5 kn
乗員
総員 151 名
武装 9K32「ストレラ2」8連装艦対空ミサイル発射機 2 基(ミサイル16発)
30 mm6砲身機関砲AK-630M 2 基
72 mm4連装ロケット発射機 2 基

ヴィシュニヤ型情報収集艦[要出典](ヴィシュニヤがたじょうほうしゅうしゅうかん Vishnya class AGI)は、ソヴィエト/ロシア海軍[要検証 ]情報収集艦である。

ヴィシュニヤ型NATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は864型二等中型偵察艦Проект 864)である[独自研究?]

構造[編集]

ソ連海軍が初めて情報収集任務専用に設計したバルザム型情報収集艦をさらに大型化したタイプとして建造された。艦体は大型化。レードームは小型ながらも1基が追加され、マストも大型化されている。武装も、AK-630Mがバルザム級の1基から2基に増加している。

運用[編集]

ヴィシュニヤ型情報収集艦は7隻全てがポーランド人民共和国グダニスクヴェステルプラッテの英雄たち記念北造船所ポーランド語版で建造された。1986年7月、「SSV-520 メリディアン」は、まだレードームを搭載していない試験航海中にもかかわらず、北大西洋条約機構軍事演習「ノーザン・ウェディング86」に堂々と現れ、西側諸国の度肝を抜いた。その後、ソ連崩壊後に他の艦艇が続々と退役や予備役編入におちいる中で、現在も全艦が運用されており、ロシア海軍の情報収集艦の主力となっている。

後継艦として、4,000トン級の18280型情報収集艦が2隻建造中である。1番艦「ユーリ・イワノフ」は2004年に起工し、太平洋艦隊に配備される予定である。

同型艦[編集]

艦番号 名称 竣役年 建造所 所属
SSV-169 タヴリヤ 1986年 ポーランド
グダニスク
北方艦隊
SSV-175 オドグラフ ポーランド
グダニスク
黒海艦隊
SSV-201 プリアゾヴィエ ポーランド
グダニスク
黒海艦隊
SSV-520 メリディアン ポーランド
グダニスク
バルト艦隊
SSV-535 カレリヤ 1986年7月5日 ポーランド
グダニスク
太平洋艦隊
SSV-208 クリルィ
1987年10月16日 ポーランド
グダニスク
太平洋艦隊
SSV-231 ペレンガートル ポーランド
グダニスク
バルト艦隊

外部リンク[編集]