ヴィクラマシーラ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vikramaśīla
ヴィクラマシーラ
の位置を示したインドの地図
Vikramaśīlaの位置
Vikramaśīla
Vikramaśīlaの位置
( とインド内)
測地系: 北緯25度21分 東経87度20分 / 北緯25.35度 東経87.33度 / 25.35; 87.33
インドの旗 インド
直近都市 バーガールプル県英語版
標準時 IST (UTC+5:30)

座標: 北緯25度21分 東経87度20分 / 北緯25.35度 東経87.33度 / 25.35; 87.33

ヴィクラマシーラ大学の遺跡

ヴィクラマシーラ大学(ヴィクラマシーラだいがく、Vikramaśīla University)とは、現在のインドビハール州東部バーガールプル県英語版に存在した大学。西方のビハール州中部にあったナーランダー大学と共に、後期インド仏教の主要な拠点となった。ヴィクラマシーラ僧院ヴィクラマシーラ大僧院超岩寺超戒寺とも。

概要[編集]

ヴィクラマシーラ大学は、古代ベンガルとマガダにパーラ朝の王ダルマパーラ英語版によって、8世紀末-9世紀初頭に創設された。チベット人の資料によれば、5つの大精舎があったとされている。

ヴィクラマシーラはもっとも大きな仏教大学のひとつであり、100人を越える教師と1000人を越える生徒がいた。そこでは著名な学者が生み出され、彼らはしばし外国へ招待されて、仏教の教えや文化、学問を広めた。彼らの中で最も高名なのはアティーシャ( Atiśa Dipankara)で、1042年にチベット西部のグゲ王朝に招かれて出国し、チベット仏教のサルマ派英語版の先駆となるカダムの法流(後に弟子ドムトン英語版カダム派英語版を創始)を打ち建てた。哲学・文法・形而上学・インド仏教などのような主題がそこで教えられたが、この系統は、ツォンカパ大師のゲルク派に影響を与える密教の重要な一派でもあった。

1193年ナーランダー大学が破壊されたのと同様、その10年後の1203年に、アイバク配下の将軍 ムハンマド・バフティヤール・ハルジー 率いるトルコイスラム勢力による、セーナ朝侵攻の過程で、大学は破壊された。こうしてインド仏教の命脈は絶たれることになる。

ヴィクラマシーラは主にチベット史料を通して知られている。特にチベットのen:Tāranātha(1575-1634年)が書いた16-17世紀のチベット寺院の歴史によって知られている[1]

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ Excavated Remains at Nalanda - UNESCO World Heritage Centre”. Whc.unesco.org. 2012年7月13日閲覧。