ヴィクトル・モチュルスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィクトル・イヴァノヴィッチ・モチュルスキー (:Виктор Иванович Мочульский、ラテン文字表記:Victor Ivanovitsch Motschulsky、1810年4月11日 - 1871年6月5日)とは、甲虫類を主に研究していたロシア昆虫学者である。ヴィクトル・フォン・モチュルスキー(Victor von Motschulsky)と呼ばれることもある。

Victor Motschulsky

概要[編集]

ロシア帝国陸軍大佐だった。シベリアアラスカアメリカヨーロッパ、およびアジアからの多くの新しい甲虫類を研究し、未だ有効な多くの新属新種を記載した。発表のほとんどは甲虫目だったが、鱗翅目および半翅目のものもあった。彼以前の研究を無視する傾向があり、また分類に対して疎かった一方で、探索困難な地形の未探索の地域を探索し、昆虫学に大いに貢献した。

モチュルスキーの膨大な蒐集物は、モスクワ大学サンクトペテルブルク動物学博物館フンボルト博物館ドイツ昆虫学研究所で保管されている。

生涯[編集]

1810年サンクトペテルブルクに生まれる。1836年にはフランススイスアルプス北イタリアオーストリアを訪れ、1839年から1840年にかけてコーカサスアストラハンカザフスタンとシベリアを訪れる。1847年にはキルギス1850年から1951年にはドイツ、オーストリア、エジプトインド、フランス、イギリスベルギーダルマチア1853年にはアメリカ、パナマを訪れ、ハンブルクキールコペンハーゲンを経由してサンクトペテルブルクに戻った。その後、同年ドイツ、スイス、オーストリアを訪れ、1871年シンフェロポリで亡くなった。

出典[編集]

  • Essig, E.O., 1972. A History of Entomology. Hafner Publishing Co., New York. p.1,029