ヴィクトル・バランニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦およびロシアの旗 ロシアの政治家
ヴィクトル・バランニコフ
Виктор Павлович Баранников
生年月日 1940年10月20日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア共和国沿海地方ポジャルスキー地区フェドシエフカ
没年月日 1995年7月21日(満54歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
前職 ロシア共和国内相、ソ連内相、ロシア保安相
所属政党 ソ連共産党(1967年から1990年まで)

任期 1992年1月15日 - 1993年7月27日
テンプレートを表示

ヴィクトル・パヴロヴィチ・バランニコフロシア語: Виктор Павлович Баранников、ラテン文字転写の例:Viktor Pavlovich Barannikov1940年10月20日 - 1995年7月21日)は、ソ連ロシア連邦の内務官僚。元保安相

来歴・人物[編集]

沿海地方ポジャルスキー地区フェドシエフカ出身。学校卒業後、エラブシュスキー機械工場で働く。

1961年、地区監察官として民警(警察)に入る。1963年、エラブシュスキー民警特殊中等学校、1968年、内務省モスクワ高等学校スヴェロドロフスク学部を卒業。民警班長、捜査業務担当民警地区課副課長として働く。ソ連内務省中央機構に移り、外貨犯罪と貴金属横領を管掌する社会主義財産横領対策局第7課を指揮。

1988年6月、バクー情勢の調停のためにアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国内務第一次官として派遣される。1990年7月からロシア・ソビエト連邦社会主義共和国内務第一次官、同年9月から内相。

1991年8月23日、ソ連8月クーデターの4日後にソ連内相に任命。ソ連崩壊後、12月26日、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国保安・内務相、1992年1月15日、連邦保安局(AFB)長官、1月24日、保安相。1993年7月18日、解任。

1993年10月のモスクワ騒乱事件には、最高会議側に参加し、「影の内閣」の保安相となる。10月4日に逮捕され、1994年2月26日、恩赦により釈放。

1995年7月21日、別荘において脳卒中のため死亡。54歳没。

脚注[編集]


外部リンク[編集]

公職
先代:
(創設)
ロシアの旗 ロシア連邦保安相
初代:1992年 - 1993年
次代:
ニコライ・ゴルシコ
先代:
ボリス・プーゴ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦内相
第10代:1991年
次代:
(廃止)
先代:
ヴァシーリー・トゥルーシン
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 ロシア共和国内相
1990年 - 1991年
次代:
アンドレイ・ドゥナエフ