ヴィクトル・チェブリコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィクトル・ミハイロヴィチ・チェブリコフВиктор Михайлович ЧебриковViktor Mikhailovich Chebrikov1923年4月23日 - 1999年7月1日)は、ソビエト連邦政治家。第6代ソ連国家保安委員会(KGB)議長。上級大将

ドニエプロペトロフスク出身。1944年から全連邦共産党(ボリシェヴィキ党)党員。1950年ドニエプロペトロフスク冶金大学を卒業。

ドニエプロペトロフスク市党第一書記、ドニエプロペトロフスク州党委員会第二書記を経て、1967年からKGBに勤務、要員管理局長に就任する。1968年ソ連KGB副議長。1981年セミョーン・ツヴィグン第一副議長、ツイネフ副議長とともにソ連共産党中央委員に選出される。1982年1月~12月ソ連KGB第一副議長。1982年12月から、ソ連KGB議長、上級大将となる。1983年党政治局員候補に選出。1985年1989年政治局員。

レオニード・ブレジネフと同郷であったため、ドニエプル派との観測もされたが、1967年にKGBにチェブリコフを誘ったのが当時議長であったユーリ・アンドロポフであったことから、アンドロポフによる治安部門強化を意図した人事であったとされる。

1988年から1989年、ソ連共産党中央委員会書記。

公職
先代:
ヴィタリー・フェドルチュク
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
国家保安委員会議長

第6代:1982 - 1988
次代:
ウラジーミル・クリュチコフ