ヴィクトリーヌ・ムーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアール・マネによるヴィクトリーヌ・ムーラン像

ヴィクトリーヌ・ムーランVictorine Meurent, 1844年2月18日 - 1927年3月17日)はフランスの著名なモデルであり、女流画家である。

生涯[編集]

1844年パリに生まれる。父はブロンズ彫刻の色付けを行う職人、母は帽子職人であった。

16歳のとき、トマ・クチュール美術モデルの仕事を行う。ムーランはこの頃クチュールの女性用アトリエで絵を学んだのかもしれない[1]エドゥアール・マネと裁判所でたまたま出会ったことがきっかけで、1862年の「街の歌い手」を皮切りに[2]、マネの数作品のモデルとなる。ムーランは「ラ・クルヴェット」(La Crevette、「小エビ」)と渾名される[3] ような小柄な体つきとマネの水彩の「オランピア」で鮮やかに描かれている赤毛が特徴的な女性だった。ムーランはギターヴァイオリンを弾き、これらのレッスンをし、カフェで歌った。

ムーランはマネの「草上の昼食」と「オランピア」のモデルの仕事で有名である。同時期に、マネと親しかったエドガー・ドガとベルギーの画家アルフレッド・スティーブンス英語版のモデルも勤めた。スティーブンスとの関係は特に親密だった。

マネは1870年代初めまでムーランをモデルとして使い続けたが、この頃ムーランが絵のレッスンを受け初め、マネが反発していたアカデミック美術に惹かれるようになったため、二人は疎遠になった。マネがムーランを描いた最後の作品が、しばしば「鉄道」と称される1873年の「サン=ラザール駅」である。この作品はマネが現代的な画題を扱った最高の例だと考えられている。

1875年に、ムーランは肖像画家エティエンヌ・ルロワに師事し始めた[2]1876年には、サロン・ド・パリで彼女の作品が展示され、批評家賞を受賞している。皮肉にも、マネがこの年出品した作品は落選した。1879年にムーランが芸術アカデミーに出品した作品「16世紀ニュルンベルクの女性市民」はマネの作品と同じ部屋に展示された。ムーランの作品は1885年1904年の展覧会にも展示された[2]。ムーランはサロンで6回作品を展示している。また、1880年代までは、エッチングで最もよく知られるノルベール・グヌット英語版アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックのためにモデルの仕事も続けた。ロートレックは好んでムーランを「オランピア」と紹介した。

1903年にムーランはシャルル・エルマン=レオンと創立者トニ・ロベール=フルリー英語版の後押しによりフランス芸術家協会英語版の会員となった。1906年までにはムーランはパリを離れてコロンブの郊外に移り、余生をマリー・デュフールという女性と過ごした[2]。二人は住居を共同で所有したようで、80代になってなおムーランが画家を名乗っていたことが当時の国勢調査の記録に残っている。ムーランは1927年3月17日に没した。1930年にデュフールが死んだ後、住居の中身は処分された。20世紀末に、近所に住む老齢の人々が、ムーランの家に最後まで残っていたヴァイオリンとそのケースなどが焚き火にくべられるの見たと語った。

ムーランの作品で唯一残っているのが、2004年に発見された油絵 「枝の主日」("Le jour des rameaux")で、現在コロンブ歴史博物館に展示されている。

ヴィクトリーヌ・ムーラン関連の作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jimenez, Jill Berk (2001). Dictionary of Artist's Models. London: Routledge. p. 372. 
  2. ^ a b c d Summers, Claude J (2004). The Queer Encyclopedia of the Visual Arts. Cleis Press. 
  3. ^ Ross King, The Judgement of Paris, p.37

外部リンク[編集]