ヴィクセン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクセン
Vixen
基本情報
別名 ジェネシス (Genesis) (1974)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州 セントポール
ジャンル ハードロック
グラム・メタル
ヘヴィメタル
活動期間 1974年
1980年 - 1991年
1997年 - 1998年
2001年 - 2013年
2013年 -
レーベル Manhattan Records
公式サイト vixenrock.com
メンバー
ジャネット・ガードナー (ボーカルリズムギター)
シェア・ペダーセン (ベース)
ロキシー・ペトルッチ (ドラムス)
ジーナ・スタイル (リードギター)
旧メンバー
ナンシー・シャンクス (リードボーカル)
ノエル・ブッチ (リードボーカル)
ジェナ・サンズ・アジェロ (リードボーカル)
ジャン・クエネムンド (ギター)
タマラ・イヴァノフ (リズムギター)
ゲイル・エリクソン=デマトフ (ベース)
リザ・カービ (ベース)
ピア・マイオッコ (ベース)
ラナ・ロス (ベース)
マキシン・ペトルッチ (ベース)
パット・ホロウェイ (ベース)
リン・ルイーズ・ロウリー (ベース)
シンディ・ベッチャー (キーボード)
マリーン・ピーターソン (ドラムス)
ローリー・ヘッドルンド (ドラムス)
カット・クラフト (ドラムス)

ヴィクセン (Vixen)はアメリカ合衆国ハードロック/ヘヴィメタルバンド。1980年にジャン・クエネムンドにより結成。

当時、人気絶頂であったリチャード・マークスが書いた"Edge Of A Broken Heart"でデビュー。メンバー全員が実力派のミュージシャンで、しかもルックスも良かったことから一躍人気バンドとなる。女性版ボン・ジョヴィなどとも呼ばれ、主なヒット曲は上記曲のようなキャッチーな曲だが、メンバーの音楽的志向はより本格的なハードロック寄りであり、セカンドアルバムではその傾向が強まった。

歴史[編集]

ヴィクセンは1980年に、当時高等学校に通っていたギタリスト、ジャン・クエネムンドによって、ミネソタ州セントポールで結成される。1983年には、ボーカル兼ギターのジャネット・ガードナーとベースのリザ・カービを迎えるが、その後数年に渡っていくつかのメンバー変更があり(中には後にスティーヴ・ヴァイの妻となる人物もいた)、1987年にはボーカルのジャネット・ガードナー、ギターのジャン・クエネムンド、ドラムスのロクシー・ペトルッチ、ベースのシェア・ペダーセンの4人のメンバーで多大な人気を博したものの、1991年からは一時活動を休止する事となる。

活動を再開したのは1997年の事であり、ボーカル兼ギターのジャネットとドラムスのロクシー、新メンバーとしてギターのジーナ・スタイルとベースのラナ・ロス(1998年にはロクシーの姉妹であるマキシン・ペトルッチ Maxine Petrucci に変更)を迎えてアメリカでのライブツアーなどを行う。しかし1998年にヴィクセンは再度活動を休止し、次に活動が再開するのは2001年の事ととなる。

2001年の活動再開時にヴィクセンのメンバーは、ベースのシェアがパット・ホローウェイに変更された事を除いて、1987年時点でのオリジナルメンバーで活動を始める。しかし2001年のライヴツアー中に、ジャンと他の3人のメンバーが仲違いしてしまい、急遽ラインアップが変更され、ジャンを除くメンバーがジェナ・サンズ・アジェロ、リン・ルイーズ・ロウリー、カット・クラフトに交代された。2004年にアメリカのテレビチャンネル、VH1の"Bands Reunited"で1度、オリジナルメンバーでのライヴが行われているが、その後も、2001年交代時のメンバーでの活動が行われた。2012年にジャネット、シェア、ロキシーが復帰する。ところが、2013年に中心メンバーのジャンがと9か月に及ぶ闘病の末、10月に死去。ヴィクセンは活動を終了した。

しかし12月になって、残ったジャネット、シェア、ロキシーの3名はジャンを尊重し、ヴィクセンの名前でバンドを続けることを決定[1]。1990年代後半に短期間バンドに参加していたジーナ・スタイルが再加入した。

メンバー[編集]

現在はシェア・ロス (Share Ross)と改姓。
  • ロキシー・ペトルッチ (Roxy Dora Petrucci) - ドラムス、バッキング・ボーカル (1986–1991, 1997–1998, 2001, 2004, 2012–2013, 2013-)
  • ジーナ・スタイル (Gina Stile) – リードギター、バッキング・ボーカル (1997–1998, 2013-)

旧メンバー[編集]

  • ナンシー・シャンクス (Nancy Shanks) – リードボーカル (1974)
  • ノエル・ブッチ (Noelle Bucci) – リードボーカル (1983)
  • ジェナ・サンズ・アジェロ (Jenna Sanz-Agero) - リードボーカル (2001-2012)
  • ジャン・クエネムンド (Janice Lynn "Jan" Kuehnemund) - ギター (1974, 1980-1991, 2001-2013)
  • タマラ・イヴァノフ (Tamara Ivanov) – リズムギター、バッキング・ボーカル (1984-1986)
  • ゲイル・エリクソン=デマトフ (Gayle Erickson-DeMatoff) - ベース、バッキング・ボーカル (1974, 1980-1983)
  • リザ・カービ (Liza Carbe) – ベース、バッキング・ボーカル (1983)
  • ピア・マイオッコ (Pia Maiocco) – ベース、バッキング・ボーカル (1984-1986)
  • ラナ・ロス (Rana Ross) – ベース、バッキング・ボーカル (1997-1998)
  • マキシン・ペトルッチ (Maxine Petrucci) – ベース、バッキング・ボーカル (1998)
  • パット・ホロウェイ (Pat Holloway) – ベース、バッキング・ボーカル (2001)
  • リン・ルイーズ・ロウリー (Lynn Louise Lowrey) - ベース、バッキング・ボーカル (2001-2012)
  • シンディ・ベッチャー (Cindy Boettcher) - キーボード、バッキング・ボーカル (1974, 1980-1983)
  • マリーン・ピーターソン (Marlene Peterson) – ドラムス (1974)
  • ローリー・ヘッドルンド (Laurie Hedlund) - ドラムス (1974, 1980-1983, 1984-1986)
  • カット・クラフト (Kathrin "Kat" Kraft) - ドラムス、バッキング・ボーカル (2001-2012)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • VIXEN (1988年/1st)
  • REV IT UP (1990年/2nd)
  • TANGERINE (1998年/3rd)
  • LIVE & LEARN (2006年/4th)

シングルス[編集]

  • "Vixen"
    • Edge of a Broken Heart #51 UK, #26 US
    • Cryin' #27 UK, #22 US
    • Love Made Me #36 UK
    • Edge of a Broken Heart (re-issue) #59 UK
  • "Rev It Up"
    • How Much Love #35 UK, #44 US
    • Love is a Killer #41 UK, #71 US
    • Not a Minute Too Soon #37 UK

脚注[編集]

  1. ^ Surviving Members Of Classic VIXEN Lineup Resurrect Band In Honor Of Fallen Guitarist BLABBERMOUTH.NET (2013年12月3日) 2013年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]