ヴィオラ・ポンポーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィオラ・ポンポーサ(奥)。手前のヴァイオリンより2回りほど大きい。

ヴィオラ・ポンポーサ伊語viola pomposa)は18世紀ヨーロッパ弦楽器1720年代半ばから1770年まで使われた。に載せて演奏し、下からハ(またはニ)-ト-ニ-イ-ホの順に調弦した(通常のチェロの第1弦の5度上にホを加えた5弦チェロに等しい)。J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲第6番はこの楽器のために書かれたものと考えられている。ヴィオロンチェロ(・ピッコロ)・ダ・スパッラ(肩掛け《小型》チェロ)の別名とされる。

現代のモダンチェロバロックチェロと比較して弦長が短いが、出る音程は同じである。を太くしたり銀巻きの弦を使用することで、音程を低くしている。構造上ハイポジションの演奏が困難で、バッハの時代の曲なら演奏可能であるが、ハイドンの時代の曲となると高音域の弦を左手で抑えることが出来ない。このことが衰退の原因の一つと考えられている。弓は右手で主に上下方向に動かすことになる。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]

音源[編集]